あなたは10年後、どこで何をしているだろうか?

クラフトビールを製造・販売する株式会社ヤッホーブルーイング(長野・軽井沢町)が、10年後と20年後に発売される“ビール”の予約を始めた。

その名も「約束のよなよなエール」。日本記念日協会の認定する「約束の日」が「8月18日」であることから、この日に合わせて開始した。
このビールは「大切な人との未来の約束が叶った時に乾杯して欲しい」との思いから企画。発売日は10年後(2032年)と20年後(2042年)の7月7日だ。

この記事の画像(12枚)

予約期間は2023年8月17日までの1年間で、方法は“大切な人との未来の約束”をすること。
この企画のPR動画では、小さい子どもを持つ親だけでなく、夫婦や起業仲間などいろいろな“大切な人”と未来の約束をしている。

そして、約束は下記の3つのどれかで行う必要がある。

〈約束の方法〉
(1)特設サイトで応募した人へ2000個限定でプレゼントされる、ビール缶型のタイムカプセル「よなよなタイムカプセル缶」へ未来の約束を書いた手紙を入れて保管する。

よなよなタイムカプセル缶
よなよなタイムカプセル缶

(2)Twitterに「#2032年の飲み約束」や「#2042年の飲み約束」のハッシュタグをつけて、誰と約束したかツイートする。その投稿を発売日まで保管する。

Twitterでの約束の方法
Twitterでの約束の方法

(3)期間限定でオープンする「約束のよなよなエール タイムカプセル醸造所」で、約束を手紙に書き、タイムカプセル缶に入れて持ち帰り保管する。

会場では、醸造所で缶を密封する際に使用する特別な機械「巻き締め機」を用意し、最後の密封作業を自分で行う「巻き締め体験」をすることができる。場所は8月24日に「東京ソラマチ ソラマチひろば」、8月26日~28日に「ららぽーと豊洲」となっている。

「巻き締め体験」缶の中に約束の手紙を入れる
「巻き締め体験」缶の中に約束の手紙を入れる
「巻き締め機」で缶のフタをしめる
「巻き締め機」で缶のフタをしめる

なお、今回は予約だけとなり、購入や決済をすることはないという。発売時に優先的に購入できるようになるものだそう。
 

未来へ「よなよなエール」をお届けすることを約束

未来へ向けた約束とその時に飲むビールを予約できるなんて、夢のある企画だ。
では10年後、20年後の予約をするということは、実際、どのようなビールを飲むことになるのだろうか? また現在の反響は?

ヤッホーブルーイング・企画プロジェクトメンバーの塚本大司さんに話を聞いてみた。


ーーなぜ「約束のよなよなエール」を誕生させたの?

最近いろいろと暗いニュースも多い中、未来へのモチベーションになることってなんだろうと考える機会が多くなりました。その中で“約束”に前向きな未来へ後押しをしてくれる力があると気が付いたことがきっかけです。個人的にも、今7歳の娘が大人になったら「よなよなエール」で一緒に乾杯したい、そう思うことが自分にとって未来に向けた活力になるなと思っています。

その“約束”が叶った際には「約束のよなよなエール」で大切な人と乾杯して欲しいという想い、そして、ヤッホーブルーイングとして10年後、20年後もクラフトビールをつくり続けることを皆様に“約束”したいという想いも込め、「約束のよなよなエール」を企画しました。


ーー10年後、20年後のビールを予約するというアイデアはどのように思いついた?

自分と同じようにお子さんが将来大人になったら一緒にビール飲みたいと思っている方が多いのではないかと思いました。そして、遠い未来でも一緒にビールを飲みたいと思うのは、お子さんに限った話ではなく、自身の親、パートナー、友人、同僚、先輩後輩など大切な人であれば普遍的な思いではないかと考えるようになりました。そこで、大切な人と約束が叶った未来に飲むビールというコンセプトを思いつきました。

「子どもが将来大人になったら一緒にビール飲みたい」
「子どもが将来大人になったら一緒にビール飲みたい」

ーー予約するビールは10年、20年と寝かせておくものになる?

いいえ。今回は「ビール」ではなく「約束」を10年、20年大切にしていただき、その約束が叶った時乾杯できるように、10年後、20年後に私たちがつくったクラフトビール「よなよなエール」をお届けすることを、今回お約束します。


ーーでは、予約するビールはどのようなもの?

10年後、20年後時点でつくっている通常の「よなよなエール」と同じ味わいで発売します。パッケージは「よなよなタイムカプセル缶」を踏襲したデザインで、今年のことを思い出してもらえたらと考えています。

「よなよなエール」は柑橘類を思わせる華やかな香りが特徴です。「毎晩のようにクラフトビールを楽しんでほしい」という想いを込め、手ごろな価格と「クラフトビールの王道」の味わいを追求しています。

よなよなエール
よなよなエール

今年生まれた子を含め全員が乾杯できる年数を設定

ーーなぜ10年後、20年後という年月にしたの?

“約束”のイメージがつきやすい少し先の未来として、また区切りがよい10年後を設定させていただきました。また、今年(2022年)生まれたお子さんを含めて、すべての方が約束が叶った際に乾杯いただける年数として、ヤッホーブルーイングもそこまでクラフトビールづくり頑張るぞ!という気持ちも込めて20年後も設定しております。


ーー予約において注意することはある?

SNSで大切な人と約束をして、そのスクショを取っておいていただく、またはイベント会場などで「よなよなタイムカプセル缶」を作っていただきそれを保管していただければと思います。

もし間違って缶を捨ててしまっても、タイムカプセル缶の写真など、受け取りがわかるものをご提出いただければ予約を有効とさせていただきます(※ネットやSNS上の他者の写真を利用するのはお控えください)。

10年先、20年先を楽しみに、画像データやタイムカプセル缶をなくさないようにしてください~。

タイムカプセル缶
タイムカプセル缶

開始5時間で数量限定2000個に到達

ーー現在の反響は?どのような人が応募している?

私たちもビックリしたのですが、大好評をいただき、特設WEBサイトで数量限定プレゼントを行っていた「よなよなタイムカプセル缶」は開始5時間で予定数量2000缶のご応募をいただきました。

昔からのよなよなエールファンの方ももちろん多いですが、よなよなエールを初めて知った、知っているけれど飲んだことはないという方からもご応募をいただいております。


ーーどのような声が届いているの?

将来成長したご家族と乾杯してみたいと言ってくださる方、将来を想像して期待を感じてくださる方や「エモい」「感動」などの言葉を寄せていただく方など、企画に共感してくださるお声を多くいただいております。

大好評の反響
大好評の反響

ーー反響をどう感じている?

多くの方に今回の企画に共感していただき、本当にありがたく感じております。また、多くの方の約束が叶った際に乾杯いただけるように、これからもクラフトビールづくりを頑張りたいと思っています!


ーー最後に、「約束のよなよなエール」は特にどういった人へオススメ?

大切な人と約束をすることはどなたにも体験いただきたいのですが、自分自身の経験からも、「10年後、20年後も大切な人で一緒に乾杯したいという方」にぜひ体験していただきたいです。

「大切な人との未来の約束が叶った時に乾杯して欲しい」
「大切な人との未来の約束が叶った時に乾杯して欲しい」

担当者も驚くほどの反響で、約束の方法の1つである、特設サイトからの応募による「よなよなタイムカプセル缶」は、開始5時間で申込数が予定数量に到達したとのことだ。そこで新たに、8月31日までに応募した人の中から、抽選で1000個のタイムカプセル缶を用意したという。

なお引き続き、期間限定オープン予定の「約束のよなよなエール タイムカプセル醸造所」やTwitterでの予約は受け付けている。

約束のよなよなエール タイムカプセル醸造所(左:東京ソラマチ ソラマチひろば 右:ららぽーと豊洲)
約束のよなよなエール タイムカプセル醸造所(左:東京ソラマチ ソラマチひろば 右:ららぽーと豊洲)

ただビールを予約するというわけではなく、10年後、20年後の未来への約束をする「約束のよなよなエール」。ちなみに、タイムカプセルだと埋めたこと自体を忘れてしまうのはあるあるだが、発売時のお知らせはする予定だという。
どんな人とどんな約束をしようか?大切な人との約束が、これからの日々の活力にもなるのではないだろうか。