ネコたちが奪い合い? 寝心地バツグン! ヒノキのベッド

この記事の画像(12枚)

ネコカフェでネコが気持ちよさそうに寝ているベッド。
ネコ専用のベッドで、1台4000円以上もするが、購入は半年待ちと大人気だ。

ある意外な発想から生まれたネコ用ベッドの、人気の秘密を取材した。

撫でられて気持ちよさそうな表情を見せたり、おもちゃを追いかけたり…
38匹のネコたちが愛くるしい姿を見せるのは、岐阜・中津川市のネコカフェ「Ohana」。

ここで今、ネコたちが夢中になっているのが、ちょうど一匹がすっぽりと収まるサイズの木製のベッド。9月にカフェの中に1台置いたところ、連日何匹ものネコたちが群がるようになり、今では3台に増やした。

保護猫カフェのオーナー:
最初置いたときはすぐ集まってきて、そのあとは入れ代わり立ち代わり…。ヒノキの匂いがするので、その匂いがみんな気になるみたいで集まってきました

実はこのベッドはヒノキで作られていて、その香りが人気の理由のようだ。それにしてもなぜ、ネコのベッドに高級木材のヒノキなのか。
開発・販売している岐阜・中津川市付知町の観光事業会社「ゴシンボク」を訪ねてみると…

ゴシンボクの担当者:
付知産の木曽ヒノキの香りです。木肌が温かくて、色も香りもいいんですよ。ネコちゃんに人気の秘密の1つだと思っています

伊勢神宮の御用材にもなる良質な付知町のヒノキ。そんなヒノキで作られたネコ用のベッドだが、実は当初の使い方は全く違っていた。中学校の授業の一環で、木工体験用のプランターのキットとして作られていたのだ。

元々は花用のプランターで、授業で余ったものを毎年地元のイベントで販売していたが、2020年は新型コロナの影響でイベントが中止に。
7月初旬にホームページで販売したものの、1カ月経っても1台も売れなかった。

ゴシンボクの担当者:
ネコ好きのスタッフが、「うちのネコが入るかもしれない」って。実験したところ2匹飼っているネコちゃんがどちらもかわいく入って、寝ちゃうんですよね。じゃあこれ、ネコ用プランターで売ろうってことで生まれました。コロナでイベントが中止になっていなければ、何とかしようと考えなかったと思うので

コロナ禍で生まれたこのアイデアが大ヒット。

ネコカフェの様子を見ていると、寝ているネコに待っているネコが催促。それでもなかなか譲ってもらえないので、さらにちょっかいをかけると…飛び掛かって喧嘩になった隙に空いたベッドにスルリ。どうやらネコにはたまらない魅力があるようだ。

そんなネコ専用ベッドは完成品で1台4000円以上と、ちょっと値は張るが、全国から注文が殺到。これまでに500個以上が売れ、いまでは生産が追い付かず、半年先まで予約が一杯だという。

ゴシンボクの担当者:
どうしても、天然木で手作りでつくっているので、時間がかかるんですね。気長に、6か月ほど待てる方に限り、ご予約を受けさせていただいています。ネコちゃんと一緒に、お待ちいただけたらと思います

このネコ用ベッドは、「ゴシンボク」のHPからオンラインで予約できるが、現在は約半年待ちとなっている。
価格は、(ネコの体重が5キロまでの)シングルサイズで4400円だが、原材料のヒノキが減ってきたこともあり、10月15日の予約からは5060円に値上がりとなっている。

(東海テレビ)