北海道のエビのうまみを福岡で!

福岡といえば豚骨ラーメン。言わずと知れたラーメン王国だ。
その王国・福岡に新たな風を吹かせる個性派ラーメン店が、いま続々とオープンしている。

福岡の新スポット、遊びだけではなくグルメも充実した「BOSS E・ZO FUKUOKA」。
2020年7月にオープンした最新のエンターテインメント施設だ。

新垣泉子アナウンサー:
この「E・ZO FUKUOKA」に九州初出店のお店ができたそうなんですが…ありました!こちらですね、「えびそば一幻」

この記事の画像(12枚)

北海道・札幌市に総本店がある「えびそば一幻」。
香港や台湾などの海外にも進出している人気店で、名前の通りエビから出汁をとったラーメンを提供している。
そんな一番人気の一杯がこちら。
えびそば一幻の定番「えびしお」。

鍋に投入しているのは全てエビの頭で、その量はなんと15kg。
それをじっくり煮込んで出汁を取るため、エビの頭のうま味が凝縮されている。
さらにそのスープを鍋に入れ、独自製法のエビ油と豚の背脂を入れ、仕上げに炒めることで一層コクが出るという。
果たしてその味は?

新垣泉子アナウンサー:
うん、すごいエビの風味と旨味が、おいしいです!しっかりスープに絡んでますね

えびそば一幻・釜田一輝店長:
北海道の本店と同じ味を提供しつつ、福岡にえびそばの文化を築けたらなと思います

福岡県民も絶賛!横浜発祥の家系ラーメン

続いては、横浜のラーメンの一大ブランドが博多に進出。
2020年4月、ラーメン激戦区にオープンした「ラーメン内田家」。
こちら家系ラーメンと呼ばれるが、一体どんなラーメンなのか?

ラーメン内田家・内田陽介店主:
豚骨醤油、キレのある醤油にパンチのあるスープ。中太麺を合わせた、横浜発祥の家系ラーメンです

醤油の味が強い、豚骨スープの家系ラーメン。
複数の部位の豚ガラと大量の鶏ガラを丁寧にじっくり煮込む。
器に注いだ特別な醤油に、出来上がったスープを合わせ、中太の麺を入れる。
トッピングにはホウレンソウを乗せるのが家系ならでは。

博多の豚骨に慣れ親しんだ福岡県民の反応は?

来店客:
いい意味で塩味が強いので、ごはんもすすむ

来店客:
麺が太いです。(ラーメンと言えば)細麺のイメージなんですけど、スープと絡んでとってもおいしいです

ラーメン内田家・内田陽介店主:
この家系ラーメンの食文化というものを守りながら、日本だったり、世界だったり、(知名度を)広げられればと思います

ミシュランシェフが作る「洋風ラーメン」

続いては、福岡市南区の住宅街に位置する一軒家のようなお店。
さっそく中に入ってみると…

新垣泉子アナウンサー:
中に入るとまさに和の雰囲気です。また目の前にはワインがずらりと並んでいます。
しかもそのワインの中に…あれ?ミシュランのキャラクターですよね

実はここ、夜はフレンチを中心としたレストラン。
しかも2019年はあのミシュランで一つ星を獲得。
しかし、昼はラーメン店に変身する2つの顔を持つ店なのだ。

定番メニューがないため、いまの季節限定のラーメンを注文すると…

ニシムラ麺・出口千鶴マネージャー:
ニラのクリア塩ラー麺でございます

新垣泉子アナウンサー:
ええ~!? なんか思ってたのと違う。あれ? パンが乗ってますよ

ミシュランシェフが作る「ニラのクリア塩ラー麺」。
豚肉、昆布、野菜などで出汁をとったブイヨンのようで、和の雰囲気もあるスープにペースト状のニラをトッピングする。
果たしてその味は?

新垣泉子アナウンサー:
ニラ…ニラは来るんですけど、そんなにガツンと来るニラではなく、すごく洋風な味わいのラーメンですね

麺はスープに合うよう全粒粉で作られている。

新垣泉子アナウンサー:
合います。優しいお出汁が効いていて、それにニラの風味が加わって。この麺にもちゃんと絡むんですよね

そして、ラーメンなのにフランスパン。
その相性は?

新垣泉子アナウンサー:
本当にクルトン。なんか優しくスープを吸っていて、フレンチに出てくるスープを味わっているような

ニシムラ麺・出口千鶴マネージャー:
おっしゃっていただいたように、パンはクルトンのイメージと、お麩のニュアンスを兼ねてアクセントにお乗せしてます

なぜミシュランの星を獲得したレストランが、ラーメン店を開いたのか尋ねると…

ニシムラ麺・出口千鶴マネージャー:
夜のコース料理になりますと、フルコースを召し上がっていただけるお客さましか出会うきっかけがないんですけれども、ラーメンになるといろんな方が来ていただけます。シェフの料理を、より多くの方に身近に楽しんでいただきたいという思いで始めました

新垣泉子アナウンサー:
確かにラーメンだったら気軽に来られますよね

この時期限定の「ニラのクリア塩ラー麺」、気になる方はお急ぎを。

(テレビ西日本)