コロナウイルスの蔓延は日本の社会に大きく影響を与えている。東京も、そこで暮らす人々の生活も、変化を余儀なくされている。

私たち報道カメラマンが撮影した映像から“今”を象徴するカットを繋いで1週間を再編集した。

コロナウイルスと戦いながら、社会がどう変わっていくのか、カメラマンとして追い、記録し続けたい。

●撮影期間:2020年8月16日~8月22日
●映像内容
8/16  お盆休み最終日 東京駅 羽田空港混雑なし
8/17  一部小中学校再開
   4~6月期GDP過去最悪の落ち込み
   安倍首相慶応大学病院で検診   

お盆最終日の東京駅
安倍首相慶応大学病院へ

撮影:フジテレビ ニュース総局報道局取材撮影部
編集:岡 果林

関連:
「報道カメラマンが残すコロナ禍の記録映像 東京の“今”2020」8月9日〜8月15日【動画】

「報道カメラマンが残すコロナ禍の記録映像 東京の“今“2020」8月2日〜8月8日【動画】

「報道カメラマンが残すコロナ禍の記録映像 東京の“今”2020」7月26日〜8月1日【動画】