自分の家が欠陥住宅だったら…

この記事の画像(5枚)

夢のマイホームを購入し、幸せな生活を手に入れたと思ったら待ち受けていたのは欠陥住宅による悩み…。

とある欠陥マンションは築25年で新たな事実が判明したようです。

家を購入する際は買ったときがゴールではなく、長く問題なく住めて始めてゴールと言えるのかもしれないですね。

【記事】「まともな状況じゃない」10cm超傾く欠陥マンション 住民の追及で判明した新事実とは

欠陥って英語でなんて言うの?

「まともな状況じゃない」 10cm超傾く欠陥マンション
“We’re in an insane situation.”
A defective apartment leaning more than 10 cm from the vertical.


【解説】
ここでは「欠陥マンション」と言う表現に、
defective apartment (欠陥のある集合住宅) を使います。

ほかにも、
poorly constructed apartment (建付けの悪い、雑な構造の集合住宅) でも表せます。

「不動産」を意味する表現には、
property (地所・不動産) や、
real estate (不動産) があります。

「不良物件」は、
substandard property (低水準の不動産)で表現できます。

「事故物件」は
stigmatized property
stigmatized real estate
(烙印を押された、汚名のレッテルが貼られた不動産) や、
apartment with a history (ある“過去”があるアパート) のように表現できます。

「格安物件」は、
discounted property です。

訳アリ物件も内容次第ですが…

【例文】
「この物件は訳アリ物件なので格安なんですよ」不動産のおじさんはそう言って意味ありげに笑った。
“This property is discounted because of its history.” said the real estate agent with a sly smile.


安いものには訳があります。どういう訳アリなのか、よーく確かめてから買うようにしましょう。

それでは次回も Let's English!
(連載「コレ英語で言えますか?」第94回 / 毎週土曜更新)

「コレ英語で言えますか?」すべての記事を見る