本格うどんが作れちゃう「英才教育キット」

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、“異例”の多い今年の夏。

休校期間などを考慮し、すでに夏休み明けを迎えた学校もあるが、外出がしにくい中、自由研究のテーマ決めに苦労した…という人も多いだろう。

そんな中、自由研究として使うのにもぴったりな、自宅で楽しめる「さぬきうどん英才教育キット」が人気となっている。

この記事の画像(7枚)

これは、香川県三豊市にある「瀬戸内うどんカンパニー」が発売している、さぬきうどんを粉から作るための一式が入ったキットで、価格は7920円(税込み)。

箱の中には

・小麦粉(5人前×1パック)
・ミックス小麦粉(5人前×1パック)
・打ち粉(2パック)

・いりこ(10人前×1パック)
・こんぶ(5人前×2パック)
・けずりぶし(5人前×2パック)

・さぬきうどん専用醤油(5人前×2本)
・麺棒
・さぬきうどんワークブックとシール


が入っており、ワークブックにはうどんの作り方だけでなく「さぬきうどんの歴史」や「出汁って何?」といったコラムがまとめられている。

小麦粉が2種類あるのは、「昔ながらのこしの強いさぬきうどん」と「ツルツルもちもちの現代風さぬきうどん」を食べ比べできるようにだという。

本格的なキット内容だが、作り方などはわかりやすいイラスト入りで解説されていて、推奨年齢は(保護者と一緒で)2歳から。

うどんはやり込むと奥が深いものの、基本的には「小麦粉と水と塩を混ぜて団子にする→団子を伸ばして切る→茹でて食べる」という工程であることから、大失敗にはなりにくいという。

うどん生地を入れて足で踏むためのビニール袋や、包丁、ボウルなどは家庭で用意する必要があるが、特別な調理器具は使わないため、箱を開ければすぐに調理を始めることができる。
 

SNSでは「子どもたちの充実した時間の過ごし方を模索中…これは楽しいはず」といった声の他、実際に試してみた人からは「計量などは大人が手伝うけれど、ほとんど子供達でできちゃう」との声が挙がっている。

2018年から販売されているのだが、実は今、新型コロナによる外出の自粛で「おうち時間」が増えたことなどから、注目されているのだという。

「英才教育」というワードにも惹かれるものがあるが…具体的にはどのようなキットなのだろうか? 早速、瀬戸内うどんカンパニーにお話を聞いてみた。

「おうち時間」が増え売り上げが10倍以上

――「さぬきうどん英才教育キット」開発のきっかけは?

香川県の代表的な地域資源さぬきうどんは、香川県への観光動機の約40%が「さぬきうどん目的」だったり、香川県内ではコンビニよりもさぬきうどん店が多いと言われるほど強いブランド力があります。にも関わらず、飲食やお土産といった枠を出ていないなと思い、実はもっとさぬきうどんを通して伝えられる価値があるんじゃないか?と感じ始めたました。

そこからうどん打ちなどを勉強していく中で、自身の家庭でもうどん打ちをやっていると子どもたちが興味を持って、一緒に作りたいと言い始めました。見ていると、団子作りは子どもの粘土遊びのようなものだし、団子を踏んだり、麺を伸ばしたり、上手い下手はあってもこれなら家族で楽しめるな!というのが、家庭用食育キットの着想です。


――「おうち時間」が増えたことで、販売数に変化は?

2〜3月くらいから急激に注文が増え始め、4月、5月は昨対比1000%以上の注文となり、生産が追い付かないほどとなりました。その後も引き続きご注文は昨対比300%以上売れています。

――どんなシーンで使ってほしい?

やはり今は休みなのに公園や旅行にも行けない、友達と遊ぶのも周囲の目を気にして億劫になってしまいがちなので、学校がお休みの土日をフルに使って「至極のさぬきうどんを家族で作る!」というのがオススメです。

さぬきうどん作りは「お手軽コース(所要時間約半日)」と「本気コース(所要時間約1日半)」の作り方がワークブックに書かれていますので、さぬきうどん職人になった気持ちで利用していただけると、子どもたちも満足ですし親御さんにとっても美味しいさぬきうどんもできてご満足いただけるかと思います。


なんと、去年と比べて一時は10倍もの売り上げとなったという「さぬきうどん英才教育キット」。すでに学校が始まってしまい、夏休みの自由研究の題材として使うには遅かった…という人も多いだろうが、おすすめは土日の時間を使ってのチャレンジ。

まだまだ外出に不安があり、ストレスがたまりがちな今だからこそ、「おうち時間」を使って力を込めておいしいうどんを作ってみるのも楽しいかもしれない。

「本物の出汁を伝えたい!」

自宅でできるお手軽なキットでありながら、その中身は本格派だが、「英才教育キット」というユニークなネーミングにも、「日本の食文化や地域の歴史を正しく伝えたい」という真剣なメッセージがあった。


――キットのこだわりはどんなところ?

まず、箱を開けるとワークブックとシールが出てきます。ワークブックは絵本のような可愛いデザインになっていて、まずパラパラとめくりながら「これやりたい!」と大人に思わず言ってしまうようなワクワク感が感じられるようになっています。

さらに箱の中を雑誌の袋とじのようにペリペリとめくって、キットの材料などを取り出します。袋とじを開けるのは大人も子どもも大好きです(笑)

いざ、さぬきうどん作りが始まると、こねたり・踏んだり・伸ばしたり・切ったりといった、動きのある工程が待っています。

楽しいだけではなくて、原料には全てとてもこだわっていて、本場のさぬきうどんのプロの監修のもと、とても本格的な美味しさを味わえるようになっています。特に出汁は最高級の香川県伊吹島産のいりこ、利尻昆布、さばやうるめなどの混合節から出汁を取るので香りも旨味も最高の一品が出来上がります。

ワークブックの中身

――「英才教育キット」の名前について…

さぬきうどんは美味しいローカルグルメというだけではなく、日本を代表する食文化という側面も持っています。

ただ食材キットとして「作ることを楽しむ」だけではなく、さぬきうどんという食文化を通して、歴史や地域性を伝えたり、私たち親世代もイチから出汁を取ることが少なくなってきた現代だからこそ本物の出汁を伝えたい!これって英才教育だ!という発想から決定しました。

あとはTwitterでバズりそうなネーミングだなと思ったからです(笑) 実際、リリースした日に5万リツートくらいされてスマホが鳴り止みませんでした。

こだわりの出汁セット

――ユーザーからの声は?

実際に緊急事態宣言以降に急増したのですが、「帰省予定だったGWに孫たちが帰ってこれなくなったので、実家に帰った雰囲気を贈りたい」というおじいちゃん、おばあちゃんの声をたくさんいただきました。

「お父さんお母さんが家族で一緒に」というニーズだけではなく、離れて暮らすおじいちゃんおばあちゃんが「孫たちと一緒に遊びたい、触れ合いたい」という気持ちが伝わってきて、とても印象深かったです。

――今後も増えていく「おうち時間」でぜひやってみたい!という人に…

私も子どもが3兄弟、会社に出社する機会も減ってほぼ在宅ワークになり、子どもたちはエネルギーが有り余っているし、大人の私たち夫婦はちょっとイライラしてしまったりもします。私のようなご家庭もたくさんあるのではないかと思います。

さぬきうどん英才教育キットは、そんな中お子様でもできる料理を家族で一緒に作ることで、家庭に楽しく美味しい笑顔が増えることを願っています。私と同じようなお悩みを持つ親御さん、是非トライしてみてください!


何かとイライラしてしまったり、外で思いっきり遊びたい!というモヤモヤがたまりがちな現在。勉強もしつつ、有り余ったエネルギーも使う…「おうち時間」がたっぷりある今だからこそ、こんなキットを試してみてはいかがだろうか。

【関連記事】
「いらっしゃいませ」4歳息子のために作った“回転寿司店セット”は毎晩営業中!
3歳息子のための「おうち縁日」が楽しそう…“特別な夏”の過ごし方に称賛