ロッテ3年目の期待の若き大砲・安田尚憲(21・履正社高)が七夕の夜空にアーチを描いた!  

最大風速17メートルと強風が吹き荒れるZOZOマリン。
ロッテはリードを2点に広げた直後の6回1死1塁、打席には7番・安田。
「何とかすくい上げることができました。風にも乗ってくれたと思います」と2ボール2ストライクから西武先発・高橋光成(23)の138キロのフォークボールを引っ張り、ライトスタンドにライナーで2ランを叩き込んだ。

安田の本塁打はルーキーイヤーの2018年以来の2年ぶりプロ2号。 
安田は大阪・履正社高校で高校通算65本の本塁打を誇り、2017年にドラフト1位で入団。
昨季はイースタン本塁打・打点の2冠に輝き、今季は初めて開幕1軍入りを果たした。4試合のスタメンは全て3番だったが、ここまで1安打と不振だった。この日はチームが楽天戦で3連敗中だったことから打線を組み替え、初の7番に。
この日も2打席連続三振と苦しんだが、開幕から25打席目での待望の今季初アーチを放った。

安田は「ここまでチームに迷惑をかけているので1本打つことができてよかった。もっともっとチームに貢献できるように頑張りたい」と巻き返しを誓った。

ただ、打率はまだ0割台。井口資仁監督(45)も「ようやく彼の打撃ができた。まだまだ打率も0割台なので、何とか本調子になってチームに貢献してほしい」と昼間もファーム(2軍戦)で汗を流した未完の大砲に大きな期待。
これでチームは7月7日に開幕からホーム7連勝とした。

この記事の画像(2枚)

7月7日のプロ野球結果
中日1-2ヤクルト 阪神ー巨人(中止) 広島ーDeNA(中止) 
オリックス7-1日本ハム ソフトバンク4-3楽天 ロッテ8-6西武