立憲民主党の安住国対委員長は1月25日、いわゆる「防税増税」について、国民に信を問うべきだとの認識を示した上で「民の心をないがしろにすると、岸田総理は天罰を受けるのではないか」と述べた。

岸田首相
岸田首相
この記事の画像(2枚)

岸田首相の施政方針演説を受け25日から始まる代表質問をめぐり、安住氏は国会内で記者団に対し、防衛増税や少子化対策の財源について「総理にきちんと説明をしてもらい、論戦を通じて、いかに世論とずれているか、国民にわかってもらいたい」と意気込みを語った。

また、政府が、復興特別所得税を転用する形で、防衛費に充てる目的税を創設する方針であることについて「やってはいけない“禁じ手”だと思う」と指摘し、「やるのだったら、国民に信を問うべきだ」と主張した。

その上で、安住氏は、「民の心をないがしろにすると、岸田総理は、天罰を受けるのではないか」と述べた。