冬を前に、近畿各地でクマの出没情報が相次いでいる。2022年の出没情報は、最多が京都府841件、次いで兵庫県263件、奈良県62件、和歌山県56件、滋賀県49件、大阪府7件、徳島県3件以上となっている。冬眠前の今は、特に注意が必要だ。

この記事の画像(5枚)

山間部に住む人は

クマが出没する恐れがある地域に住む人は、自宅周辺の環境を整えるようにしてほしい。

【柿は早めに収穫を!】
クマは柿が好物だそうだ。冬眠前のクマが食べに来ないよう、実は早めに収穫するようにしてほしい。

【自宅周辺のやぶ・草むらはできるだけ刈り取る!】
クマが生息する山林と、人間の生活圏の境界線をはっきりさせることが必要だ。自宅周辺のやぶ・草むらなどはできるだけ刈り取るようにしてほしい。
「ここまでが人間の領域である」と、クマに知らせる意図がある。

山登りの際は

山登りを楽しむときは、下調べをしっかりした上で、クマ対策グッズを必ず携行してほしい。

【鈴】
クマは、人に会うことを望んでいるわけではない。クマよけの鈴をかばんなどに付けて、「人間がここにいるよ」と知らせながら歩くことが有効だ。

【クマよけスプレー】
万が一、クマと遭遇してしまったときのために、クマよけのスプレーが発売されている。配合されているカプサイシンで一時的にクマを驚かせ、逃げる時間を稼ぐことができるそうだ。

(関西テレビ「報道ランナー」2022年11月10日放送)

記事 884 関西テレビ

滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山・徳島の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。