1泊最大1万1000円支給となる全国旅行支援が10月11日に始まる。新型コロナウイルスの第7波の影響で延期され、久しぶりの支援。これまで感染状況に翻弄されてきた観光業界からは2ヵ月の短期支援に、期待と不安の声が聞かれた。

問い合わせ・来客増える旅行会社 “期間の短さ”を懸念

10月11日~12月下旬までを期間とする「全国旅行支援」。旅行代金の割引の上限額は1泊8000円。配布されるクーポンと合わせると、1泊あたり一人、最大1万1000円の支給となる。街では…

この記事の画像(14枚)

街の人:
すごくうれしいので、使いたい

街の人:
新型コロナも落ち着いたので、使ってみるのはいいと思っている。もうすぐ紅葉のきれいな時期だから北のほうへ行きたい

一方で、こんな意見も…

街の人:
感染者数の公表の仕方が変わったので、旅行には少し不安がある

松村道子キャスター:
全国旅行支援の開始に大きな期待を寄せているのが旅行会社。電話での問い合わせ、来客ともに増えているということです

この旅行会社では、感染拡大の影響から夏休み期間の売り上げが新型コロナ前の半分ほどに留まったこともあり、「全国旅行支援」に大きな期待を寄せている。

旅行会社「トップトラベル新潟」
旅行会社「トップトラベル新潟」

トップトラベル新潟 大谷光利 代表取締役:
久しぶりの全国レベルの割引支援ということで、お客様も私どもも、もちろん期待はしている

一方で懸念材料もある。一つは、10月11日~12月下旬までという期間の短さ。

トップトラベル新潟 大谷光利 代表取締役:
短い。とても2カ月ちょっとで、売り上げ減少分を取り返せるようなものではないので、できればその後に、少し期間の長い割引支援があるといいと思っている

「全国旅行支援」の期間は…
「全国旅行支援」の期間は…

また、観光庁によると、今回の支援では基本的に予約済みの旅行も割引対象となるが、旅行会社は詳細な説明を受けておらず、お客への案内に苦慮していると言う。それでも…

トップトラベル新潟 大谷光利 代表取締役:
接客をお待ちいただいているお客様も多くなっている

旅行会社を訪れる人が増加
旅行会社を訪れる人が増加

松村道子キャスター:
混雑時に名前を書く用紙が正午の時点で2枚目。普段ここまで多くなることはない?

トップトラベル新潟 大谷光利 代表取締役:
お客様の期待の大きさがここにも表れていると思う

観光地からあがる期待の声 一方“客の旅行先”に不安も

新潟県民割では2000円だったクーポン。全国旅行支援では平日なら1000円増え、3000円となるため、観光客が多く訪れる長岡市寺泊の魚の市場通りからは期待の声があがった。

山六水産 内藤毅 店長:
10~11月はサケが大変とれて、魚種が非常に増える時期。財布のひもが緩んで、いっぱい買っていただけることを期待している

宿泊客を受け入れる旅館からも期待の声があがる。

海風亭 寺泊日本海 相田真也 主任:
もともと忙しい時期ではあるが、キャンペーンによって、より忙しくなることに関しては期待している

県外客への期待の一方、県内客の旅行先について気を揉む状況だ。

海風亭 寺泊日本海 相田真也 主任:
旅行する選択が増えてくると思うので、県内客が県外のほうに流れてしまうのではないかという不安もある

さらに、ウイルス禍で進んだスタッフ不足も課題として横たわる。

海風亭 寺泊日本海 相田真也 主任:
宿泊業が不安定になってきているので、求人を出してもなかなか集まってこないというのが現状

期待と不安が入り混じるなか、全国旅行支援は10月11日に始まる。

(NST新潟総合テレビ)

記事 968 NST新潟総合テレビ

新潟の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。