兵庫県の自動車専用道路「姫路バイパス」。運転していると見えてくるのが、「姫路サービスエリア」。この駐車場で、ある問題が…

人はガラガラ、車は満車…サービスエリアの謎

川崎晋平記者:
平日の午前6時半ごろです。交通量はそこまで多い時間帯ではないんですが、たくさんの車があることが分かります

この記事の画像(17枚)

駐車場にずらりと並んだ車。エリア内をのぞいてみると、不思議な光景が…

川崎晋平記者:
サービスエリアには、レストランやコンビニがあり、トイレも設置されています。平日の朝ということもあって、利用客はおよそ10人ほどでしょうか?しかし駐車場をみると、100台以上の乗用車がとまれる駐車場がほぼ満車状態となっています

客はまばらなのに、広大な駐車場は満車状態に。一体どういうことなのか。様子をうかがってみると…

川崎晋平記者:
車をとめていた人が中から出てきました。誰かを待っているんでしょうか

自分が乗ってきた車の前で立っている男性。しばらくすると…

川崎晋平記者:
いま1台車がやってきて、男性が助手席に乗り込みました。このまま出発するようです。男性が乗ってきた車は、そのまま放置される形になりました

取材を続けると、駐車場に車を置いたまま他の車に乗り込み、どこかへ行ってしまう人が次々と…。こうして置きっぱなしにされた車が、異常な混雑を招いているようだ。

車を置き去りにしようとしている人に話を聞くと…

(Q.今日はどちらに?)
運転手:

(兵庫県)相生市

(Q.今日はお二人で?)
運転手:
そうです

(Q.車は片方置いて?)
運転手:
すぐ戻ってきますけど ちょっと友達に会いに

また、別の運転手にも話を聞くと…

(Q.どこに行く?)
別の運転手:
仕事に

(Q.別々の車に乗ってこられた?)
別の運転手:
はい。あそこに(自分の車は)駐車している。使い勝手がいいから

それぞれが自分の車で集合し、1台に乗り合わせてから目的地に向かう、いわゆる「相乗り」。 姫路サービスエリアは、この「相乗り」の集合場所にされてしまっているようだ。

いつも大混雑のワケ…「相乗り」の集合場所

一体なぜ、サービスエリアで相乗りを?
管理者に聞いてみると…

近畿地方整備局姫路河川国道事務所 竹田佳宏副所長:
推察をするには、2台の車で行くよりは1台で行った方がガソリン代が安くつくだとか、その先の交通費が安くなるというメリットはあるのかもしれない。ちょうどここ(姫路SA)は、自動車専用道路と一般道路から入れる。合流地点に使われる方にとっては、使いやすい場所なのかもしれない

実は、姫路バイパスは2000年以降は通行料が無料に。さらに、一般道からも直接入場できることから、便利な集合場所として使われている。

定点カメラで撮影してみると、車の入れ替わりがほとんどなく、多くの車が放置されている状況だと分かる。

放置車両が駐車スペース占拠 遠方からの利用者は困り顔

午前11時ごろには、車の数がピークに。ドライバー達は、駐車スペースを求めて右往左往する。

川崎晋平記者:
駐車する場所を求めて何周かまわられているようですが、スペースがなかなか見つからないようです。もう1周まわっても、空きスペースが見つけられなかったようです

この車の運転手は、他の車が駐車場から出るのを待ち続け、5分以上かかってようやく駐車できた。

駐車に5分以上 福島から来た人:
3周くらいした。すごい混んでますよね。全国まわっててもこういうところはないですね…。諦めて出ていくところでした

休憩したくても「泣く泣くスルー」…トラックスペースや駐車外スペースにも

休憩のために、サービスエリアの存在が欠かせないトラック運転手は…

姫路SAをよく利用するトラック運転手:
乗用車がトラック止める場所に止めたりしちゃってるんで。トラックがほぼ止められないとか。そうなると、泣く泣くスルーして行っちゃいます。ここで休憩しよって計算してるんですけど…。それが、ここでできないことがよくあるんで

さらに…

姫路SAをよく利用するトラック運転手:
乗用車があふれかえってて、トラックが転回できないこともあるので。接触しそうになったことも実際あったり

あまりの混雑に、駐車スペースではない場所に停車するドライバーが続出。その影響で道幅が狭くなると、事故のリスクも高まる。

近畿地方整備局姫路河川国道事務所 竹田佳宏副所長:
(駐車スペースを)探される行為と降りて歩かれる方がいるので、事故の危険性は高まるのではないかと

この「相乗り」行為は、法律に罰則規定などはないということで、取り締まりは困難。安全に快適にサービスエリアを利用するためには、ドライバーの理解が必要だ。

近畿地方整備局姫路河川国道事務所 竹田佳宏副所長:
姫路サービスエリア自体は、あくまでも道路を利用しているドライバーのための休憩施設。それをご理解いただいた上で、使い方を少し変えていただければ

便利だからといって、軽い気持ちでするマナー違反。実は、多くの人に迷惑をかけている。

 (関西テレビ「報道ランナー」2022年9月16日放送)