暑いこの時期は、汗をかく、日焼けなどお肌のトラブルに悩んでいる人もいるだろう。夏こそ気を付けたいのが、実は「乾燥肌」。夏の乾燥肌の原因と対策を皮膚科医に聞いた。

夏のゴワゴワ乾燥肌…原因は汗と紫外線

宮崎市のくるみ皮膚科。加嶋院長によると、夏の隠れ乾燥肌でお悩みの人は多いという。

くるみ皮膚科 加嶋亜紀院長:
冬のカサカサしている乾燥肌よりも、夏はゴワゴワしたと訴えた患者さんが多いように思います

この記事の画像(7枚)

くるみ皮膚科 加嶋亜紀院長:
汗をかくおでこやマスクで隠れるフェイスライン、汗がよくたまる肘や首に症状が多いようです

おでこやフェイスライン、汗がよくたまる肘や首に症状が多い
おでこやフェイスライン、汗がよくたまる肘や首に症状が多い

意外と気づかない夏の乾燥肌…原因は主に汗と紫外線。

くるみ皮膚科 加嶋亜紀院長:
汗の中には、尿素とか角質を溶かす成分が入っています。尿素には保湿効果があるので、汗をかくと肌は滑らかになるんですけど、時間が経つと、その尿素のせいで角質、バリアが溶けてしまって肌が荒れやすい乾燥した状態になります

汗かいたまま冷房はNG!「シャワーで涼む」が正解

さらに、紫外線が強く当たり、日焼けをするこの時期。日焼けは程度にもよるが、やけどと同じような状態で、見た目に皮がむけていなくても、同じく乾燥が起こっている。
この乾燥を防ぐには、汗をかいた状態で冷房などで涼むのは間違い。まずは汗を拭いたり、シャワーをして涼むこと。

汗をかいた状態での冷房はNG
汗をかいた状態での冷房はNG

くるみ皮膚科 加嶋亜紀院長:
柔らかい濡れたおしぼりで、こすらずにトントンと拭いたり、流水で流すといいです

また、2~3時間おきに日焼け止めを塗るのがおすすめ。乾燥してバリアが弱り、刺激を受けやすい肌に、ジェルやスプレータイプは間違い。保湿成分配合のクリームやローションがおすすめだという。

乾燥肌に使う日焼け止め ジェルやスプレータイプはNG
乾燥肌に使う日焼け止め ジェルやスプレータイプはNG

くるみ皮膚科 加嶋亜紀院長:
夏でも汗をかいた後は保湿をして、それから紫外線対策をしていただきたいです

こまめな保湿と対策を習慣にして、夏の隠れ乾燥肌に気をつけよう。

【くるみ皮膚科】
住所…宮崎市恒久5980
電話…0985-50-9630
休診…日祝日(※水・土曜は午後休診)
駐車場…あり
ホームページ…https://www.kurumihifuka.com

(テレビ宮崎)