続く物価の高騰。そんな中でも、これからの時期にオススメだという新潟県産の長ネギとレンコンを紹介する。

様々な料理でおいしさ際立つ「やわ肌ねぎ」

松尾和泉アナウンサー:
夏野菜から秋野菜に変わる、これからの時期に出荷量が増えるのが長ネギです。県内では特に、やわ肌ねぎが出回るといいます

新潟のブランドネギ「やわ肌ねぎ」
新潟のブランドネギ「やわ肌ねぎ」
この記事の画像(6枚)

9月5日朝、新潟市中央卸売市場で競りにかけられていた「やわ肌ねぎ」。雪のような白さとみずみずしい甘さが特長のブランドネギだが、2022年は天候の影響を受けたという。

新潟中央青果 徳永直樹 課長代理:
天候の感じもあり、多少遅れていた。物価高や天候、色々な要因から少し高めになっている

これからの時期は出荷のピークを迎え収量が増えるため、価格も例年並みに戻る見込みだ。

新潟中央青果 徳永直樹 課長代理:
これから冷え込んできたら鍋にしてもいい。本当に何をしてもおいしいネギなので、ぜひ色々やっていただきたい

様々な料理に使える
様々な料理に使える

例年よりも安い! 物価の優等生「レンコン」

もうひとつのオススメは、雨の影響を受けづらい物価の優等生・レンコン。この日は県産の「大口れんこん」と「五泉美人」が市場に並んでいた。

7月は晴れの日が多かったため甘みが強く、価格も例年より1割ほど安いという。

新潟中央青果 徳永直樹 課長代理:
現在出ているのが早生。これから値段の変動はあるが、中生・晩生に関しても現在順調。例年に比べれば、お求めやすい価格になるかと思う

やわ肌ねぎとレンコンを秋の食卓に添えてみてはいかがだろうか。

(NST新潟総合テレビ)