7月4日に棋聖戦五番勝負の第3局に臨む藤井聡太五冠(19)が、3日、開会式で意気込みを語った。

この記事の画像(5枚)

藤井五冠は「昨年以上の緊張感を感じています」「一勝一敗で迎えた、改めて第3局から三番勝負というかたちになって、明日からの一局非常に大事なものになるという風に思っています。また、ファンの方にも注目して頂ける一局になると思うので、それに応えられるような熱戦にできればと思っています」と語った。

藤井五冠が3連覇に挑む「棋聖戦」第3局は4日、千葉県木更津市で行われる。これまでの対局では第1局で挑戦者の永瀬拓矢王座(29)が藤井五冠を下し、第2局では藤井五冠が巻き返し勝利した。

一勝一敗で迎える4日の第3局は、どちらが勝っても「棋聖」タイトルの獲得に王手をかける重要な一局となる。

記事 944 社会部

今、起きている事件、事故から社会問題まで、幅広い分野に渡って、正確かつ分かりやすく、時に深く掘り下げ、読者に伝えることをモットーとしております。
事件、事故、裁判から、医療、年金、運輸・交通・国土、教育、科学、宇宙、災害・防災など、幅広い分野をフォロー。天皇陛下など皇室の動向、都政から首都圏自治体の行政も担当。社会問題、調査報道については、分野の垣根を越えて取材に取り組んでいます。