なかなか下がらないガソリン価格。
年間2万円以上の削減につながるという、気になる節約術を紹介。

5月23日に発表された宮崎県内のレギュラーガソリン。1リットルあたりの平均価格は、172.8円。170円台は2022年1月から続いていて、2021年の1月と比べると約30円高くなっている。

この記事の画像(9枚)

有馬理恵リポーター:
国の家計調査では、2021年までの3年間の宮崎市の1世帯あたりのガソリン支出額は、年間約78,000円。現状の170円台が今後も続くとなると、年間で20,000円近く支出が増えることに…

最大2万円以上節約につながる運転術

年間20,000円の負担増は、かなり痛い出費。
車に関する様々な情報を発信しているJAF宮崎支部を訪ねた。

JAF宮崎支部・田代芳久さん:
エコカーや燃費の良い車もありますが、走り方のポイントをおさえれば、ガソリン代を節約できます

負担増を取り戻せる!? 実践したいポイントとは…

JAF宮崎支部・田代芳久さん:
まずは、「ふんわりアクセル」です。車は、「発進」「巡航」「減速」「停止」という4つの走行パターンを繰り返しながら走ります。このうち、ガソリンを一番使うのは「発進」時で、全体の約4割を占めます

そこで「ふんわりアクセル」。ブレーキから足を離したら、一拍おいてアクセルを優しく踏む。目安は5秒で時速20kmまで加速する。ふんわりアクセルで、年間約14.000円の節約に!

発進した後は一定速度で走る。車間距離を取ることで、無駄な加減・減速が減って、燃費が2%から6%向上する。

有馬理恵リポーター:
無駄な加減速を止めることで、年間約5,000円の節約に!

次は減速するとき。早めにアクセルから足を離し、エンジンブレーキを利用。約2%燃費が改善する。

早めのアクセルオフで、年間約3,000円の節約に。
アクセルの踏み方などを少し変えるだけで、年間約20,000円以上の節約につながることになる。

このほか、普段から心がけておきたいのが、タイヤの空気圧を適正にしておくこと。さらに、不要な荷物を下ろしておくこと。

JAF宮崎支部・田代芳久さん:
もう1つ大切なデータがあります。エコドライブによって、交通事故が約60%減ったという報告もありますので、ぜひエコドライブを取り入れてほしいです

家計にも環境にもやさしく、事故防止にもつながるエコドライブ。ぜひ実践してみては?

(テレビ宮崎)

記事 284 テレビ宮崎

宮崎の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。