「毎日数十平方キロメートル(㎢)もの森林が伐採されている。友人のジム・ジャームッシュ監督からもらった家の古い建材でギターを作ったら音色がとても良くて、それから建物の廃材でギターを作ろうと思ったんだ」

こう語るのはアメリカ・ニューヨークに50年前、店を開いたリック・ケリーさん。学生時代から古木を再利用してアート作品を作ってきたリックさんは、建築の廃材を使ってギターを製作している。

この記事の画像(5枚)

ニューヨークでは建築の解体現場に業者が廃材用のゴミ箱を設置。中身は誰でも持って行けるため、ゴミ箱が設置されると町の人がリックさんに知らせてくれるのだという。

建物を支えた木材が音楽を奏でる

そんなリックさんが「ニューヨークの骨格」と呼ぶのは、何百年もの間、建物を支えてきた松の骨組み。よく乾いているため、音の響きがいいと言う。

「振動を良くするためボディーには木目幅が広くて軽いものを、ネックにはしっかりしたものを使う」とリックさんは話す。

中には世界中のアーティストに愛されたチェルシーホテルや火事で焼けてしまった教会の廃材までそろっている。

これらで作ったリックさんのギターの音色は、有名ミュージシャンたちを魅了。ギタリストのクリスさんは「音色は暖かく、ネックからボディーへと振動する他にないギターだよ」と評価した。

街の歴史を音でつなぎ続けるリックさんは「屋根を支えていただけの古い木材がこの先100年、音楽を奏でる。次の世代に受け継がれていくんだ」と語った。

「フューチャーランナーズ~17の未来~」
フジテレビ 毎週水曜日22:54~23:00放送中(関東ローカル)
BSフジ 毎週土曜日 21:55~22:00放送中
■動画はこちらから
https://www.fujitv.co.jp/futurerunners/archive_188.html
■過去の動画一覧はこちら
https://www.fujitv.co.jp/futurerunners/archive.html

SDGs

SDGsとは、2015年9月の国連サミットで、全会一致で採択された「持続可能な開発目標」。
https://www.fujitv.co.jp/futurerunners/sdgs.html

記事 186 フューチャーランナーズ~17の未来~

『フューチャーランナーズ』は、SDGsをテーマにした世界初のレギュラー番組で、2018年7月から制作・放送しています。
テレビの強みである「発信力」と「クリエイティブ能力」を活かして、課題解決に向けて熱心に取り組む人たちを毎週紹介。SDGsを身近に感じてもらうとともに、多様な活動が認知され、パートナーシップを生むきっかけになればと考えています。
より良い社会をめざす“ランナー”たちの熱い思いをぜひ感じてください。
フジテレビが制作する世界初「SDGs」がテーマのレギュラー番組。毎週・水曜日よる10時54分より放送中。