中国の新疆ウイグル自治区などを訪問していたバチェレ国連人権高等弁務官は、オンラインで会見を開き、中国の対テロ政策を、国際的な人権基準に基づいて見直すよう促した。

バチェレ氏は5月23日から中国を訪問していて、国連人権高等弁務官の訪中は2005年以来17年ぶり。一方で、訪問中は中国当局が外部との接触を禁じるバブル方式を採用し、記者団の同行は認められなかった。

視察の全日程を終えたバチェレ氏は28日オンライン会見で、「中国政府にテロ対策を国際的な人権の基準に基づいて見直すように促した」と述べた。これは、中国政府がウイグル族の収容などをテロ対策としていることを念頭に置いた発言とみられる。

また、香港で活動家や弁護士などが拘束されていることについても深い懸念を示した。

一方、欧米などは少数民族のウイグル族に対する人権侵害があるなどと批判を強めていて、研究者が入手したとする虐待の内部資料が一部メディアで報じられている。これについて、中国政府は「中国を中傷し、攻撃するための偽情報のねつ造に断固反対する」と否定した。