1970年代に国際テロを繰り返した「日本赤軍」の重信房子・元最高幹部(76)が、さきほど、懲役20年の刑期を満了し、出所した。2000年に逮捕されてから、およそ22年ぶりに”塀の外”に出たことになる。

がんを患って、都内の医療刑務所で治療を受けていた重信元最高幹部は、午前8時前、娘のメイさんや支援者らの出迎えを受け、車で刑務所をあとにした。刑務所前で、車を降りて、支援者に挨拶をする場面もあったが、右翼団体が抗議するなどして、一時騒然とした。

出所後、記者会見を行った重信元最高幹部は、開口一番、「やっぱり生きて出てきたなという感じが強くある」と述べた。そして、「私の逮捕によって多くの人たちに迷惑をかけたこと、50年前の闘いによって、見ず知らずの無辜の人たちに被害を与えたことがあった。この機会にお詫びしたい」と謝罪した。病身の重信元最高幹部は、会見中、声を震わせる場面もあった。

左翼グループの赤軍派幹部だった重信元最高幹部は、パレスチナ問題に傾倒して1971年にレバノンへ出国、「日本赤軍」を結成してリーダーとなった。

日本赤軍は、1972年に26人が死亡したイスラエル・テルアビブのロッド空港での銃乱射事件、1974年にオランダのフランス大使館を武装占拠したハーグ事件など、中東や欧州などで彼らの言う“武装闘争”、いわゆる“テロ活動”を展開し、過激な国際テロリスト集団として世界中を震撼させた。

ハーグ事件で国際手配されていた重信元最高幹部は、その後、日本国内に潜伏していたことが判明。2000年11月に大阪府内の路上で歩いているところを、大阪府警により逮捕された。

殺人未遂などの罪に問われた重信元最高幹部は、裁判では、一貫して無罪を主張していたが、一審・二審ともに懲役20年の判決を受け、2010年に刑が確定した。日本赤軍をめぐっては、未だに、7人のメンバーが逃亡中で、国際手配されている。

重信元最高幹部は出所に合わせて、「政治的意図と直接関係の無い方々に心ならずも被害を与えてしまった」などと反省や謝罪の文言がつづられた手記を公表するという。出所後はガンの治療に専念する意向も示されている。

出所後、記者会見を行う重信元最高幹部(午前8時すぎ 東京・昭島市)
この記事の画像(7枚)
社会部
社会部


天皇ご一家、秋篠宮ご一家、上皇ご夫妻など、皇族方の活動を伝える宮内庁担当記者。首都東京で起きた事件・事故・社会問題を、スピーディーに伝える警視庁クラブ。地裁、高裁、最高裁から、東京地検特捜部、日本弁護士会、司法、法曹界に関する問題、証券取引等監視委員会、公正取引委員会、東京国税局、国税庁などを幅広くフォローしている司法クラブ。厚生労働省クラブにおいては、医療、年金、児童虐待なども担当、新型コロナウイルス取材の最前線に立っています。国土交通省クラブにおいては、運輸行政、鉄道会社の動向、地価など国土に関するニュースも専門とする他、海上保安庁、訪日外国人対策にも目を開かせています。文部科学省クラブは、小中高大の教育の他に、各入試制度、大学入学共通テスト、子どもの体力から健康面だけではなく、文学一般、JAXAをはじめとした宇宙問題、理化学研究所などの化学分野、ノーベル賞、世界遺産も担当します。都庁クラブは、首都東京に関する事柄を担当。都知事選、都議選もフォローします。その他、神奈川県警、神奈川県庁、横浜市役所、埼玉県警、埼玉県庁、さいたま市役所、千葉県警、千葉県庁、千葉市役所、茨城県警、茨城県庁、栃木県警、栃木県庁、群馬県警、群馬県庁、山梨県警、山梨県庁、青森県警、青森県庁等を、各支局で取材対応しております。

記事 802