北方領土の国後島の海岸で今月6日に女性の遺体が見つかり、海上保安庁などは知床半島沖観光船沈没事故の被害者の可能性も含めて、ロシア側に情報提供を求めています。

関係者によりますと、今月10日と翌日、ロシア側から国後島の西側の海岸で今月6日に女性の遺体が見つかったとの連絡があったということです。

遺体は、国後島の病院の遺体安置所に搬送されたということです。

女性の身元の確認につながるものは見つかっていないということです。

海上保安庁などは、外交ルートを通じてロシア側に情報提供を求めています。