長野・安曇野市にオープンした「老犬ホーム」。ペットの長寿化で需要が増える一方、長野県内ではまだ珍しい存在だ。愛犬の幸せな一生を願う、家族の大きな支えとなりそうだ。

介護が必要になった犬を預かる 犬舎は快適な空間

ドッグステイハウスDog’s
この記事の画像(14枚)

4月、安曇野市にオープンしたばかりの「ドッグステイハウスDog’s」。大型連休2日目の早朝、ミニチュアダックスフントの「ナナ」(メス、13歳)がやって来た。飼い主が家を空ける間、この施設で過ごす。

愛犬を預けた家族:
県外にいる息子たちのところに行く。3日に帰ってくるので3泊4日(の利用)

しばしのお別れ。見送るナナに施設のオーナー・宮脇さんが寄り添う。

ドッグステイハウス・宮脇史オーナー

ナナのケースは外出に伴うショートステイだが、施設設立の一番の目的は介護が必要になった犬を預かる、老犬ホームの役割を果たすことにある。

プレハブの犬舎には、大型犬もゆったり過ごせるケージが4つ。防音の壁と冷暖房を備え、24時間、様子を確認できるモニターも付いている。長期の預かりも受け入れ「看取り」まで行う。犬との面会は自由だ。

全国にある老犬ホームは、2021年4月の時点で205施設。ペットの長寿化で重要が高まり、この10年ほどで急速に数を増やしている。

飼い主の心と時間の余裕が、犬の幸せに繋がる

宮脇さんは2021年、30年近く続けた教員を退職して施設を開いた。捨てられたり、飼えなくなったりした保護犬たちの世話をするボランティアを経験したのがきっかけだった。

ドッグステイハウス・宮脇史オーナー:
捨てられて保護施設に来る犬が多かった。「もう、お世話ができなくなってしまった」という理由で…。介護が必要な愛犬を手放す飼い主さんが多いことも悲しかった

老衰や病気を抱え、保健所などの冷たいケージで最期を迎える犬たち。宮脇さんは心を痛める一方、介護などで追い詰められていく飼い主にも思いをはせる。

宮脇さんの愛犬は、秋田犬の「茶々」(メス、6歳)と「寧々」(メス、4歳)。忙しい生活に大きな癒しを与えてくれるが、仕事などに追われ余裕がなくなると、しっかり世話ができず悩むこともあった。

ドッグステイハウス・宮脇史オーナー:
飼い主が追い詰められたとき、衝動的にそうなって(捨てて)しまうこともある。飼い主さんも、心と時間に余裕ができるように。(それが)犬を幸せにする、救うことにつながるんじゃないか

認知症になった柴犬 寄せられた介護の悩み

知識とスキルを身に付け、退職金をつぎ込み施設を設立。すると、オープン直後から愛犬の介護に悩む飼い主から問い合わせが相次いだ。

「犬の夜鳴きが激しく困っています」とメールを寄せたのは、15歳のオスの柴犬「リキ」の飼い主だ。

切ない声で鳴き、せわしく動き続けるリキ。メールのひと月半前から認知症による失禁や徘徊、夜鳴きが始まり、家族も眠れない日が続いていた。

ドッグステイハウス・宮脇史オーナー:
(飼い主さんは)近所迷惑になっていないかも不安だったって。おむつも擦れて皮膚がただれてきたり…。介護方法も分からずインターネットで調べながら

施設のオープンは、そうした犬の介護に悩む飼い主の「希望の光」になった。

しかし、リキは宮脇さんの施設に入らなかった。相談のメールのあと、容体が悪化してすぐに入院。まもなく自宅で息を引き取った。

【飼い主のメッセージ】
リキは利用できなかったのですが、老犬ホームは少なくとも介護する家族が生活を取り戻せて、笑顔で接することができるようになる救いの場所だと思います。この介護がいつまで続くのかと悩んで、獣医師から殺処分することもあると聞いたこともあります。一晩中鳴いているリキの背中をさすりながら、その方がいいのかと考えたこともあります。でも、そんな選択は誰もしたくないと思います

「犬に愛情深く接してほしい」気軽に利用を

料金は1カ月の預かりが、小型犬が5万5000円から。中型犬は6万6000円から、大型犬は7万7000円からで、20日以内のショートステイは日割りになる。

必ず訪れる愛犬の老い。犬も飼い主も最後まで幸せに暮らせるよう、宮脇さんは気軽に施設を利用してほしいとしている。

ドッグステイハウス・宮脇史オーナー:
飼うと決めて迎えてかわいがって、他人に任せることに躊躇する人はいると思う。大変になったとき、数日でも預けてリフレッシュするとか、そういう形でもいい。また新たな気持ちで犬に愛情深く接してもらえればいい

ドッグステイハウスDog’sで過ごす犬たち

ドッグステイハウスは今後、犬舎を徐々に増やしていく予定だ。ただ、資材が高騰する中でコストも膨らんでいる。5月中旬以降にクラウドファンディングで広く寄付を募る予定で、協力を呼びかけている。

(長野放送)

長野放送
長野放送

長野の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。

記事 636