愛知にあった“人情商店街” コロナ禍でも地元に愛され廃業店ゼロ…「はばたく商店街30選」にも選出
FNNピックアップ

愛知にあった“人情商店街” コロナ禍でも地元に愛され廃業店ゼロ…「はばたく商店街30選」にも選出

この記事の画像(26枚)

2021年12月、愛知・春日井市の「勝川駅前通商店街」は、地域の発展に貢献しているとして、国の「はばたく商店街30選」に選ばれた。

これまで19年間で211回のテント市を開催するなど、店と客が助け合う”人情商店街“は、街に賑わいをもたらしている。

地域の発展に貢献…元気な商店街に認定

愛知・春日井市の南部に位置する「勝川」は、名古屋駅までJRで18分という利便性と、名古屋市内に比べて手頃な家賃で、若いファミリーや転勤族に人気の町だ。勝川駅前には、300メートルの間に約90店舗が軒を連ねる「勝川駅前通商店街」がある。

広島から転居してきた住民の女性:
昔ながらのものも残りつつ、現代的なお店も出来て、すごく居心地がいい

東京から転居してきた住民の女性:
人もフレンドリー。商店街の人と会うと「おはよう」って言ったり…

滋賀から転居してきた住民の女性:
シャッター街の商店街が多いと思うけど、こんなに賑やかな商店街は珍しい

勝川駅前通商店街は、2021年に中小企業庁の「はばたく商店街30選」に選出。北海道の小樽や宮城の仙台、京都の嵐山、名古屋の円頓寺などと共に、地域の発展に貢献している元気な商店街に認定された。

「勝川のお客さんは温かい」…店と客が助け合う”人情商店街“

1990年の勝川駅開業に合わせて誕生した勝川駅前通商店街は、全国的に“シャッター商店街”が増える中、コロナ禍でも廃業する店はないという。

写真店の店主:
今でいう“人情商店街”という印象

和菓子店の店主:
昔からよく言われる、“遠い親戚より向こう3軒両隣”

高齢者の見守りを行うなど、住民との関係も密な”人情商店街“。その雰囲気に憧れて、「店を出すなら勝川で」とやってくる人も多いという。

この商店街では、一人で複数の店を経営する人が多いのも特徴。備長炭で焼き上げた奥三河の地鶏が評判の焼鳥店「とりまる」は、毎日通う人もいるという人気店だ。

その隣には、契約農場から仕入れた豚肉料理の店「とんまる」。さらに80メートル西には、サムギョプサルやチーズタッカルビが人気の韓国料理店「ハンマル」が。

この3店舗は、2004年に勝川に移住してきた伊豆出身の男性が営んでいる。

伊豆出身の男性:
勝川のお客さんは、みんな温かい。「お前の焼鳥はおいしくないから、教えてあげる」みたいな感じで、厨房の中まで入ってきて、さばき方から焼き方まで…

「僕を育ててくれた大好きな街」と、小柳出さんは勝川への愛を語った。

19年間で211回開催…賑わいもたらしたテント市

人々の心の支えになっているのが、商店街のシンボルでもある「勝川大弘法(かちがわおおこうぼう)」。高さ18メートルの弘法大師像は、昭和天皇の即位を記念して1928年に地元の有志が建立。以来、駅と大弘法を結ぶ道にある商店街が、参拝者で賑わうようになった。

履物店の店主(82):
町が活気づいた。ありがたいよね。だから大弘法さんには毎日行っている、お参りに

2009年にオープンした「こだわり商店」では、春日井の特産である食べられるサボテンから作ったうどんやラーメン、飴やジュース、サボテンのグッズも販売。この店は、大弘法がきっかけで勝川にやってきたという。

こだわり商店の店主:
勝川商店街に馴染みが多かった。弘法市でお店の方と親しくなったので、お世話になろうと

毎月第3土曜に開催されるテント市「勝川弘法市(かちがわこうぼういち)」は、商店街の店が店前に露店を出し、歩行者天国となった通りには他の地区から来た人も出店。商店街の強みの一つとなっている。

こだわり商店の店主:
月に1回、弘法市で店主が店の前に出て顔を覚えてもらうには、ありがたいイベント

和菓子店の店主:
昔は“さびれゆく商店街”なんて言われて、統計を取ると土日が一番お客さんが来ない。(商店街青年部が)夜中じゅう話をして、弘法市が生まれた

2003年に始まった「勝川弘法市」は、19年間で211回開催。雨の日も続けてきた結果が、今の賑わいにつながっている。

ノドグロやクロムツまで…高級魚も入る刺身定食が人気の店

商店街には、コロナ禍の中で新しくオープンする店もあった。2021年11月にオープンした魚が評判の「びっくり魚店(ぎょうてん)ぼんくら」は、お昼時には満席となる人気店だ。

女性客A:
ノドグロがうまかった、生まれて初めて食べた

女性客B:
のどを通る時にモチっとします

多くの人が注文する刺身の魚は、料亭で修業をした店長が自分の目で仕入れている。

店長:
北部市場へ買い付けに行って、朝おろして。新鮮なものを、なるべくリーズナブルにやっています

ランチで一番人気の「季節刺身定食」(1800円)には、マグロのトロやヒラメ、シラウオにホタルイカ、サーモンなどの他に、これから旬を迎えるタチウオに、高級魚クロムツやノドグロ、羅臼産のウニも入っていた。

ランチ営業は、火・水・木のみ行っている。

地元の人も知らない“穴場スポット”…最高級の肉・魚介が楽しめるレストラン

そして、地元の人も知らない“穴場のレストラン”もある。商店街から少し奥に入ったところにある「グリル城下」は、空き家だった民家をリフォームした鉄板焼きの店。

夜のみの営業で、肉や魚介など最高級の素材を使っている。

熊本県産黒毛和牛の稀少部位の「シャトーブリアンステーキ」(6980円)や、ズワイガニがたっぷり入った「カニクリームコロッケ」(980円)。

デミグラスソースで3日間かけて煮込んだ「和牛ホホ肉のデミグラス煮込み」(2480円)など、贅沢な時間が楽しめる勝川の穴場スポットだ。

店長:
飲食店が増えましたね。でも競争というより、みんな協力しあっているイメージがあります

大きな弘法さまに見守られた「勝川駅前通商店街」は、コロナ禍でも店と客が助け合う”人情商店街“だ。

(東海テレビ)

東海テレビ
東海テレビ

岐阜・愛知・三重の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。

記事 2108
愛知県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>
【よく一緒に読まれている記事】
「泣かずに行けそう」エヴァちゃんの妹が日本の幼稚園を初めて訪問 母らとウクライナから避難【岐阜発】

「泣かずに行けそう」エヴァちゃんの妹が日本の幼稚園を初めて訪問 母らとウクライナから避難【岐阜発】

FNNピックアップの他の記事

カギは「走り方革命」だった…J3で躍進「いわきFC」スプリントコ…

カギは「走り方革命」だった…J3で躍進「いわきFC」スプリントコ…

スポーツ
名物とコラボ「夏限定ラーメン」8品 味噌ソース使った“ぶっか…

名物とコラボ「夏限定ラーメン」8品 味噌ソース使った“ぶっか…

ライフ
「銀行窓口混んでいるのでATMへ」“ニセ電話詐欺”犯人との会話…

「銀行窓口混んでいるのでATMへ」“ニセ電話詐欺”犯人との会話…

都道府県
完熟イチゴにレモン…とことん愛媛産なクラフトアイス 「祖父の…

完熟イチゴにレモン…とことん愛媛産なクラフトアイス 「祖父の…

経済
“桃太郎の町”で夏の味覚「モモ」収穫 20年前に植えられた“意…

“桃太郎の町”で夏の味覚「モモ」収穫 20年前に植えられた“意…

ライフ
3m超の濁った水が押し寄せ…浸水で一時孤立の病院 水害経て訪問…

3m超の濁った水が押し寄せ…浸水で一時孤立の病院 水害経て訪問…

都道府県
一覧ページへ
×