日本政府が出資する資源開発会社が、ミャンマーのガス田事業からの撤退を発表した。

日本政府とENEOSホールディングスの子会社などが出資する「JXミャンマー石油開発」は、2000年から天然ガスを生産しているミャンマー南部の天然ガス開発事業に出資している。

しかし去年2月にミャンマーで軍事クーデターが起きて社会情勢が不安定になった上、生産量はピーク時の10分の1以下に減少した事などから「事業継続が困難」と判断し、撤退を決めたという。

このガス田のガスは、日本には輸出されておらず、全量が隣国タイに供給されている。

経済部
経済部


フジテレビ報道局経済部 財務省や総務省、経産省などの省庁や日銀・東京証券取引所のほか、金融機関、自動車をはじめとした製造業、流通・情報通信・外食などを担当している。

記事 493