バレエの公演では、ウクライナ人もロシア人も同じ舞台で…

この記事の画像(7枚)

ロシアによるウクライナへの侵攻が始まって1週間。じわじわとロシア軍が首都キエフへ迫る中、キエフ市内の駅が攻撃されたという情報もあり、市民への無差別攻撃が懸念されている。

アメリカの国防総省がアメリカ政府関係者に行った説明では、「5日以内にキエフが陥落する可能性が高い」という分析を示していることがわかった。

今、厳しい状況に置かれているキエフだが、名古屋とは「バレエ」で深くつながっていた。ゆかりがある名古屋のバレエ関係者の想いとは…

名古屋駅近くにある「越智インターナショナルバレエ」。

越智久美子さん:
こちらと向こうのブルーのがキエフで行われた時の記念のポスター、この2つが日本で公演した時のポスターです。(キエフのバレエ団には)家族のようにしていただいています。なので今こういうことになって、すごく心が痛いです

ウクライナへの思いを語るのは、代表を務める越智久美子さん(62)。

越智さんが1991年に首都キエフで公演を行ったことをきっかけに、キエフのバレエ団と30年近くにわたり交流を続けてきた。

越智久美子さん:
キエフのダンサーさんや教師の方を招いて合同で舞台をつくったり、レッスンを行ったりしてきました。日本での公演は、私たちが主催する公演にキエフのダンサーが10名近く来日してくれました

コロナが蔓延する以前、2019年までは毎年キエフからダンサーを招いて大々的に行われていた日本公演。

しかし、そのキエフは今…
3月1日には、ロシア軍がテレビ塔にミサイル2発を撃ち込み、5人が死亡した。ロシア軍の侵攻はキエフから芸術も奪った。

越智久美子さん:
現地のダンサーさん達に話を伺ってみると、「もう外には出られない」「劇場もクローズになっている」と。今まで劇場がクローズになったことないんです。なので相当ひどいことなんだなと思って。そして「サイレンが鳴ると、すぐに避難しなきゃいけない」って。映画で見たような光景で、本当に戦争が始まっていると思うと本当に残念です

また、越智バレエ団主催の日本公演では、ウクライナだけでなくロシアのダンサーも共に舞台に立っていたという。

越智久美子さん:
ロシアからも来ることがありますし、ウクライナから来ることもあります。みんな一緒に踊りますね。バレエの世界ではみんな家族なんですよ、ウクライナもロシアもベラルーシも。だからそこ、こういうことになっているのは本当に残念

長年交流があるロシアのウクライナへの侵攻。状況が激化する中、越智さんは一日も早く平和が訪れることを願っている。

越智久美子さん:
一日も早く止まってほしい、止めてほしい、戦争を。もちろん私たちは(ロシアもウクライナも)大きな家族だと思っているので、お互いに連絡を取り合っていますから、これでコロナが落ち着いて戦争も落ち着いて、来られる日があれば、また日本で2019年以前のような活動を続けていきたいと思います

※画像と動画の一部は越智インターナショナルバレエ提供