林外相は24日、ロシアのガルージン駐日大使を外務省に呼び出し、ウクライナへの軍事侵攻を非難した。

林外相はガルージン大使に対し、「緊張緩和を求めてきたにもかかわらず、今回ロシアが行った侵攻は、主権と領土の一体性への侵害にほかならず、明らかに国際法違反だ」と指摘した。

その上で「力による一方的な現状変更は断じて認めることは出来ない。今回の侵攻を強く非難する」と述べた。

さらに、「ロシア側は、ただちに侵攻をやめロシア国内に撤収すべきだ。ウクライナにおける日本国民を含め、民間人などの安全は無条件で守られるべきだ」などと求めた。

これに対し、ガルージン大使は、「大臣からあった『ウクライナへの侵攻』ということは今、起こっていない。ロシア系住民を保護するための特殊軍事作戦だ」などと反論した。

政治部
政治部

フジテレビ報道局政治部

記事 1005