千葉県八千代市で1歳の娘を車内に放置した疑いで逮捕された母親について、千葉地検は不起訴処分とした。

八千代市の26歳の母親は去年7月、自宅駐車場に止めた車内に1歳の娘を放置した保護責任者遺棄の疑いで逮捕された。

女の子は熱中症の疑いで死亡し、千葉地検は保護責任者遺棄致死に容疑を切り替えて捜査していたが、「放置しようとした意図が認められなかった」として26日付けで母親を不起訴処分とした。

社会部
社会部
記事 614