5~11歳を対象とする、新型コロナウイルの米ファイザー製ワクチンについて、厚生労働省の専門部会が、20日夜、特例承認することを了承した。厚労省が、一両日中に、特例承認する見通し。

これで、国内でのワクチン接種の対象が、現在の12歳以上から、5歳以上に拡大されることになる。政府は、早ければ3月にも、5~11歳に対するワクチン接種を始めたい考え。

5~11歳に対するワクチン接種をめぐっては、日本小児科学会が、19日、「基礎疾患のある子どもへの接種により重症化を防ぐことが期待される」とした上で、健康な子どもについても「12歳以上の健康な子どもへのワクチン接種と同様に意義がある」との見解を示している。

社会部
社会部
記事 608