これまでの措置とは違う点も…東海3県で「まん延防止」適用へ 岐阜は飲食店営業時間を一律夜8時までに
感染拡大… 新型コロナウイルス

これまでの措置とは違う点も…東海3県で「まん延防止」適用へ 岐阜は飲食店営業時間を一律夜8時までに

期間は1月21日~2月13日 細目が増えた”まん延防止”措置

新型コロナの第6波が拡大する中、東海3県で揃ってまん延防止等重点措置が適用されることになった。期間は1月21日から2月13日まで。各県のどのエリアに適用されるのかをまとめました。

愛知では県内の52市町村が対象となる予定で、感染状況が落ち着いている東栄町、豊根村は対象とならない。

岐阜は地域を限定することなく、県内全域が対象となる。

三重県は県内の24の市と町が対象で、感染状況が落ち着いている尾鷲市、熊野市、紀北町、御浜町、紀宝町は対象となっていない。

この記事の画像(4枚)

飲食店に出される要請は、これまでの“まん延防止”とは違う点がある。愛知・三重では、感染防止対策が行われていると県が認めた認証店が、お酒の提供「あり」か「なし」かを選択できるようにしたことだ。

愛知と三重の認証店で「お酒の提供あり」を選んだ場合、営業時間は午後9時までとなり、「なし」の場合は午後8時までとなる。

「あり」か「なし」かは店側の判断で決めることができ、「なし」を選んだ場合は「あり」を選んだお店よりも多い協力金が支払われる。

非認証店に関してはお酒の提供は認められず、午後8時までの時短営業が求められる。

岐阜県は愛知や三重と違い、認証店・非認証店にかかわらず営業時間を一律で午後8時までとし、全ての飲食店でお酒の提供をしないよう要請している。

(東海テレビ)

岐阜県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>> 三重県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>
×