インドネシアの首都がジャカルタからカリマンタン島に移転する法案が国会で承認され、話題になっている。

首都の移転先は“ジャングル”

法案では、首都がジャワ島のジャカルタから北東に1200キロメートル以上離れたカリマンタン島東部に移転されることになる。

この記事の画像(17枚)

すでに新しい首都の名前は決まっており、「ヌサンタラ」となる。

榎並大二郎キャスター:
インドネシアは、東南アジアの南部に位置して、赤道をまたいで約1万7000もの島々からなっている国です。面積は約192万平方キロメートル。これは、日本の国土約5倍の広さがあります

榎並大二郎キャスター:
日本とも関係が深いです。有名なのは、バリ島。人気の観光スポットですよね

榎並大二郎キャスター:
そして、新しい首都を見ていくと、今の首都ジャカルタから約1200キロ離れたカリマンタン島というところ。名前が「ヌサンタラ」です

これが移転予定地です。

榎並大二郎キャスター:
ジャングルで全く開発されていない感じですよね。インドネシア政府は、25万6000ヘクタールものジャングルを、このようにしていくというのです

榎並大二郎キャスター:
都市と自然が融合した感じで、まさに未来都市といった様相ですよね。3年後から首都機能を本格化させる見通し

榎並大二郎キャスター:
「ヌサンタラ」という名前ですが、「群島」という意味で、島々が集まる国、インドネシアを象徴する言葉だそうです。

移転理由は「人口過密」「地盤沈下」

加藤綾子キャスター:
映像にあるような、こんな感じになったらすごくかっこいいですよね。でも、なんで首都を移動するんですか?

榎並大二郎キャスター:
その点ですが、大きく2つあります。1つ目が、人口の過密化です。ジャカルタは、周辺地域を含めた人口が3000万人を超えていて、激しい交通渋滞が慢性化してしまっているんです

榎並大二郎キャスター:
2つ目は、ジャカルタでは地下水を過剰に汲み上げたために、地盤沈下が起こって都市面積の6割が海抜0メートル以下の低い土地になってしまいました。なので、毎年のように洪水被害も起きてしまっているわけなんです

加藤綾子キャスター:
あまり聞かない気がするんですけど、ほかの国でもあるんですか?

榎並大二郎キャスター:
首都の移転というのは、過去にあります。世界に目を向けると、過去には、ブラジルそしてオーストラリアなども首都移転しているんです。ブラジルは、1960年に海岸近くにあるリオデジャネイロからブラジリアというところに移転しました

榎並大二郎キャスター:
なぜかと言いうと、内陸部の地域振興をすることでブラジル全体の発展を実現するためだったそうなんです

榎並大二郎キャスター:
今後インドネシアの首都の移転には、開発に必要な資金、そして環境破壊などの課題があります

(「イット!」1月19日放送)

イット!
イット!
メディア
記事 1671