12月30日朝にスタートを切る『富士山女子駅伝』。

この大学女子駅伝日本一を決める舞台で、“異次元ルーキー”と称される注目の選手がエース区間を走ることが発表された。

不破聖衣来(ふわせいら)、18歳。
拓殖大学(東京)の1年生で、富士山女子駅伝で最も長い10.5キロの5区を、ルーキーエースが
駆け抜けることになる。

この記事の画像(11枚)

そのセンセーショナルな走りはSNSでも話題となり、この秋、「不破さん」がトレンド入りを果たしたほどの注目度だ。

一体何が彼女の魅力であり、強さなのか。レースを直前に控えた不破聖衣来の実力と、その可能性に焦点をあてる。

記録ずくめの1年生エースは何もかもが異次元

指導に当たる、拓殖大学陸上競技部の五十嵐利治監督はこう語る。

「一言で表すと、なんと言ったらいいんですかね、もう宇宙人ですよ、宇宙人。本当に(笑)。
やっぱり一言で表すとそれに匹敵するというか、私の想像を全て上回ってくる選手なんですよ」

その“宇宙人”級の能力は、すでにタイムや成績にも発揮されている。

今年12月に京都で開かれた記録会では、1万メートルの日本歴代2位となる30分45秒21を記録。昨年12月に新谷仁美(東京オリンピック代表・33歳)が作った日本記録(30分20秒44)にあと25秒と迫ったばかりか、来夏の世界選手権(米・オレゴン州)の参加標準記録(31分25秒00)も軽々と突破した。

さらに衝撃デビューを果たした今シーズンを遡ると、10月の全日本大学女子駅伝ではエース区間の5区を任され、6人をゴボウ抜き。これまでの区間記録を1分14秒も更新して見せた。この不破の走りで勢いに乗った母校・拓殖大学は過去9位の最高成績から、一気に3位に躍進した。

この時の走りがSNSでも話題沸騰となり、一時「不破さん」がトレンド入りを果たした。

本人は「見える選手は全員抜きたかったので、最後まで一人一人を追うことを考えて走っていた」と語る。

11月の東日本女子駅伝では群馬県代表のアンカーを任され、トップと38秒差の3位でたすきを受け取ると、ダイナミックな走りで上位との差をみるみる縮め逆転。群馬県代表に優勝をもたらした。

ゲスト解説をしたオリンピック4大会連続出場・福士加代子をして「一人だけ歩く歩道にいるよう」、「息してるのかな」と言わしめ、すでに学生陸上界を飛び越えた存在となっている。

五十嵐監督は不破の強さを、「スタートしてからゴールまで(レースを)しっかり引っ張り切って、最後ラストスパートで勝ち切るという小細工なしの、力と力の勝負で勝っているのが彼女の一番の強みだと思います」と惚れ込む。

素顔はピアノも弾く18歳の女子大生

早くも別格の強さを発揮し始めた不破だが、プライベートではピアノが趣味と明かす。

「趣味はピアノを弾くことで、いつもディズニーの曲とかを弾いてリラックスしています」

そんな一面を持つ18歳の女子大生だ。

「ピアノは一応幼稚園の頃からずっとやっていて、曲を弾く時は陸上から離れられるので、別の世界というか、リラックスした感じになれるので凄く楽しいです」

髪は女子大生になった事をきっかけにカラーリングを始めたというが、試合中のその耳にはピアスが光る。

取材担当者が「動物でも何でも、ご自身を例えると一言で何ですか?」と尋ねると、「えー、なんだろう。一言で。でもリスっぽいとか言われます。あとお母さんにはスヌーピーに似ているとか。なんでか分からないけど言われます」と返す。

ーー全部可愛らしいキャラクターということかも知れないですね(笑)

そうだといいです(笑)。
 

照れながらそう答える、素朴な笑顔の持ち主だ。

心拍数30台。驚異の心肺機能

だがそんな笑顔とは対照的に、その肉体には強力なエンジンが宿っている。

特筆すべきはその心肺能力だ。

「何もしていない時の心拍数が30くらいなので心肺機能がものすごく強い。本当に能力の高い選手です」(五十嵐監督)

一般的な成人の心拍数は60〜80回程度と言われることからすれば、およそ半分程度。常人離れしていることは誰の目にも明らかだ。

さらにこの不破はストライドが大きいダイナミックな走りの持ち主で、前を行く選手を猛追し並びかけると、一気にアクセルを踏み、引き離す。まさに“ぶっちぎる”という言葉が似合う加速力を持ち合わせ、その瞬間154センチの小柄な身体が大きく見えるほどだ。

「1番の魅力は、自分が天から与えられた能力を全て出し尽くせるという、そういった能力って才能もあるので。筋力であったり、持久力であったり、心肺機能であったり、その一つ一つに対して今彼女が出せる最大限の能力を全て引き出すことができるんです」(五十嵐監督)

2003年3月生まれの不破は姉の影響で陸上を始め、中学3年生の時には全日本中学校陸上競技選手権の1500mで優勝。ジュニアオリンピックでも3000mで優勝するなど、数々の大会を制して来た。

五十嵐監督が「彼女は世界で勝負出来るほどの素質とか生まれ持ったものを持っている」と、その素質に惚れ込むのもうなずける。

目指すは世界、そしてパリ五輪へ

その不破に、今の目標を聞いてみた。

「一番に今見据えている目標は、来年に控えている世界陸上に(1万メートルで)出場することなので、まずは日本選手権で3位以内に入って標準記録を切って、日本代表になりたいです」

ーー将来的にはどんな選手になりたいですか?
大学(在学)中の1番の最大の目標は、パリオリンピックがあるので、そこを見据えて今は頑張っています。
 

その視線はまっすぐに世界を捉えている。

そんな不破にとって、拓殖大学(東京)の一員として富士山女子駅伝を走る意味とは?

「監督が勧誘の時に『日本一じゃなくてさらに上の世界を目指そう』というふうに言っていただいたので、そこに凄い惹かれて大学入学を決めました。

もう一つの理由として、主将の八田さんがいた事もあるので、やっぱり一緒に選手として走りたかったからです。富士山では一緒に選手として出て、そこでも良い結果を残せるように自分も貢献したいと思います」

拓殖大学の主将である八田ももか(4年生)は、3歳年上で陸上選手でもある不破の姉と高校時代の同級生。「小学校くらいの時からすごく仲良くしていただいていたので、本当にお姉ちゃんみたいな存在で、心の支えみたいな存在」なのだという。

今回その八田は3区を走り、不破はエース区間の5区を任される。10.5キロと最長の5区で拓殖大学のタスキが不破に繋がれた時、一体何人のランナーがその前を走るのか?レース展開のカギを握ることは間違いない。

「前の選手を全員抜く」「全日本3位はまぐれじゃない」

最後に、この富士山女子駅伝での目標を聞いた。
全日本大学女子駅伝で、拓殖大学として過去最高の3位を記録しただけに周囲の期待は高まる。

拓殖大学 女子陸上競技部のメンバーと

ーー区間何位とか、どこを狙っていきますか?
区間賞は狙っていきたいです。

ーー区間記録に対して、どれくらいの差をつけたいですか?
記録はそこまで考えずに、全日本の時のように、もし前に選手がいれば、また全員抜かすような勢いで走りたいと思っています。

ーー最後に、富士山女子駅伝への抱負を。
全日本大学女子駅伝の時は、自分は区間賞で6人抜きを達成できたので、富士山女子駅伝でもチームに貢献するような、前にいる選手をまた全員抜くような勢いで走れるように頑張りたいです。
全日本で3位になれたので、これが「まぐれじゃなくて拓殖大学の実力なんだ」というのを認めてもらえるようにきちんと自分の任された区間を走りたいと思います。

これまで世界的なトップランナーを数多く生み出して来た日本の陸上界に、新たな時代を予感させる才能が現れた。

不破聖衣来、18歳。

名峰・富士山のふもとでどんな走りを見せるのか?世界に飛び出すその前に、可能性に満ちた走りを目に焼き付けておきたい。

大学女子駅伝の頂点へ!
富士山女子駅伝

12月30日(木)あさ9時50分生中継