男の子は「蓮」、女の子は「紬」がトップだった。

明治安田生命保険が29日に発表した「2021年生まれの子どもの名前」調査によると、表記部門での男の子の1位は「」(前年2位)だった。2年ぶり7回目のトップとなる。
2位は「陽翔」(前年4位)、3位は「」(前年1位)「」(前年7位)だった。

女の子の1位は「」(前年8位)だった。2位「陽葵」(前年1位)、3位「」(前年2位)が続いている。

使用される漢字のランキングでは、男の子は「」が初めて1位になった。「翔」を使用した名前が173種類あったことから、他の漢字との組み合わせの豊富さが人気の理由ではないかと指摘されている。

女の子で使用される漢字は2年連続で「」がトップだった。

「読み方」のランキングでは、男の子は「ハルト」、女の子は「メイ」がそれぞれ1位だった。

また男の子の名前では、東京オリンピックで活躍した選手の名前の人気も高まっている。

体操競技の男子個人総合で、史上最年少で金メダルを獲得した橋本大輝選手の「大輝」は 昨年281位から72位に。卓球競技で日本史上初の金メダルを獲得した水谷隼選手と同じ読み方の「ジュン」は 昨年223位から170位に順位を上げた。

男の子の名前ベスト10(提供:明治安田生命)
男の子の名前ベスト10(提供:明治安田生命)
この記事の画像(7枚)
女の子の名前ベスト10(提供:明治安田生命)
女の子の名前ベスト10(提供:明治安田生命)
男の子の名前読み方ベスト10(提供:明治安田生命)
男の子の名前読み方ベスト10(提供:明治安田生命)
女の子の名前読み方ベスト10(提供:明治安田生命)
女の子の名前読み方ベスト10(提供:明治安田生命)
男の子の名前・人気漢字ベスト10(提供:明治安田生命)
男の子の名前・人気漢字ベスト10(提供:明治安田生命)
女の子の名前・人気漢字ベスト10(提供:明治安田生命)
女の子の名前・人気漢字ベスト10(提供:明治安田生命)
記事 996 経済部

「経済部」は、「日本や世界の経済」を、多角的にウォッチする部。「生活者の目線」を忘れずに、政府の経済政策や企業の活動、株価や為替の動きなどを継続的に定点観測し、時に深堀りすることで、日本社会の「今」を「経済の視点」から浮き彫りにしていく役割を担っている。
世界的な課題となっている温室効果ガス削減をはじめ、AIや自動運転などをめぐる最先端テクノロジーの取材も続け、技術革新のうねりをカバー。
生産・販売・消費の現場で、タイムリーな話題を掘り下げて取材し、映像化に知恵を絞り、わかりやすく伝えていくのが経済部の目標。

財務省や総務省、経産省などの省庁や日銀・東京証券取引所のほか、金融機関、自動車をはじめとした製造業、流通・情報通信・外食など幅広い経済分野を取材している。