中国共産党元最高幹部との不倫関係の告白後に、行方が分からなくなり、安否が懸念されていた中国の女子テニス選手について、松野官房長官は「懸念の払拭を強く望む」と述べた。

中国の女子テニスの彭帥(ほう・すい)選手は元最高指導部メンバーと不倫関係にあったと告白したあと行方が分からなくなったとされ、安否が懸念されていたが、中国共産党系メディアの関係者が彭選手がイベントに参加する姿などの動画を相次いでツイッターに投稿したほか、IOCは21日、バッハ会長とテレビ電話をして無事を確認したと発表していた。

この記事の画像(2枚)

この問題について、松野官房長官は22日の記者会見で「多数のスポーツ関係者が懸念の声をあげている。政府としては一刻も早く懸念が払拭されることを強く望んでおり、関連の状況を注視していきたい」と述べた。