閉店セールには63万人も…「松坂屋豊田店」20年の歴史に幕

2001年に開業した愛知・豊田市の「松坂屋豊田店」は、新型コロナの影響による売上の落ち込みもあり、9月いっぱいをもって閉店した。開業から20年、最終日は多くの人が最後を見届けた。

この記事の画像(30枚)

「閉店」という苦渋の決断を迫られた「松坂屋豊田店」で、6月から行われた「感謝さよならセール」。3か月で63万人もの人が訪れた。

女性客(70代):
大好きです、松坂屋さん

男性客(70代):
やっぱり寂しいよね、こういう百貨店が豊田から消えるってことはね

9月30日の午前9時30分。最後の営業日とあり、開店前には300人以上の列が…。午前10時の開店と同時に、店内は大いに賑わった。

女性客:
先週も、先々週も来たんですけど。最終日にも来ようと。今日は靴3足買いました

女性客:
靴です全部。4万かな、7足で。この前はカバンをいっぱい買ったので

「松坂屋豊田店」での買い物は毎月の恒例行事…50年来のママ友2人

閉店セールで賑わう中、婦人服売り場には2人のご年配の女性の姿が…

常連の女性A(79):
娘とか息子が幼稚園の時の友達です

50年来のママ友の2人。ここで一緒に買い物をするのが毎月の恒例行事だった。

同・女性A:
これから名古屋の松坂屋さんまで行かなきゃいかんね。本当に困りましたね

常連の女性B(80):
よそに豊田のお店いくらあっても、寄ったことないよね

地元の人には“なくてはならない場所”だ。

毎年誕生日と結婚記念日に…5年間夫婦で通った宝飾店

宝飾店には、ダイヤのペンダントを購入する夫婦があった。

夫(41):
松坂屋も閉まりますし、お世話になったので記念に

地元が豊田市のこの夫婦は、5年以上この店に通ってきた。最近、夫は結婚5年目の記念に妻へ指輪をプレゼント。

妻(43):
毎年、誕生日と結婚記念日に…。私が全然、宝石を持っていなかったので、結婚してからありがたいことに増えました

夫:
あげた時にどう喜ぶかなっていうのは、楽しみの一つではありますね

夫婦の記念日には必ず訪れる思い出の場所だったが、この日が最後に…

夫:
なくなっちゃうのは困っちゃいますね。他の店舗があるので…かなり遠いんですけど

この店の別の店舗は、鳥取県にあるとのこと。ご主人は旅行がてら買いに行きたいと話していた。

地域の記録として残したい…最後の30日をカメラに収める男性

午後1時。「別の形」で別れを惜しむ人がいた。豊田市の文化振興財団の写真部に所属する男性(75)は、閉店までの30日を一日一日、写真に収めてきた。

写真を撮る男性(75):
残しておきたい、地域の記録として。20年30年あとに見て、こんなだったかと参考になれば…

「松坂屋豊田店」は、2001年に名鉄豊田市駅西口の商業ビルに開業。

2006年度には売上高100億円を誇ったが、周辺の大型商業施設のオープンで売り上げは半分に低迷。新型コロナの影響もあり、閉店に…。
男性は、最後の姿をカメラに収めていた。

写真を撮る男性:
地域の顔だったもんですから、誠に残念。これで三河地区の百貨店はなくなりますよね。本当に寂しい限りですね

「すごく楽しく仕事ができました」18年間食品売場で働いてきた女性

閉店まで3時間の午後4時。夕方は、食品売場が賑わう。その一角のお菓子売り場で接客する牧みちるさん(54)は、18年間働いてきた。

牧さん:
お客様もあったかい方が多いので、すごく楽しく仕事ができました。閉店の話を聞いた時は、「えっ」て言葉がでなくて…。皆さん、「これからどこで買えば」とかお声をいただいて、終わってしまうので申し訳ない気持ちもあります

牧さんは退職し、少しゆっくりするという。松阪屋豊田店の約100人の従業員のうち、20人あまりが退職を決めた。

「女房の知り合いと喋るのが楽しみだった」松阪屋豊田店で働いていた妻を亡くした男性

松坂屋豊田店の20年。最後の時が刻々と近付いてきた。
ここで5年間働いた妻を亡くしたという男性(76)は…

松坂屋豊田店で働いた妻を亡くした男性:
女房が6階に勤めていたんですよ。寂しいですね。1人暮らしでしょ。だからここに来るの楽しみなんですよ、女房の知り合いと喋るのがね

生前、妻が一緒に働いていた顔なじみの従業員に、最後の挨拶…

同・男性:
今日もね墓参りにいったんですよ。「きょう松坂屋最後だよ」って言って…

自分へのご褒美を、いつもここで購入していた女性は…

常連の女性客(68):
いただく方も、お届けする方も、松坂屋さんの包装紙に包まれていると、すごくリッチになった気持ちにね。コロナから抜け出して、明るい兆しになれば、松坂屋さんも存続できたのかな…

多くの人にとってここは、“街の顔”だった。

たくさんの人たちに愛されていた松坂屋豊田店…また一つ消えた時代の象徴

午後7時、閉店。慣れ親しんだお客さんと、最後の別れの時…

最終営業日は、いつもの3倍以上の1万5000人が訪れた。

松坂屋豊田店の店長(54):
この豊田市で商売をさせていただいたことは、私たち従業員にとって何よりもの宝となります。本当にありがとうございました

「コロナがなければ…」感謝の気持ちと共に、複雑な思いを抱える人々…

たくさんの人たちに愛されていた松坂屋豊田店。また一つ、時代を象徴が消えた。

(東海テレビ)