この記事の画像(19枚)

アマチンが85歳で挑むシェークスピアの舞台

新型コロナが広がっていた日常が正常を取り戻していく中で、エンターテインメントも少しずつ動き始めている。

2020年は名古屋の舞台のほとんどが中止や延期となった。85歳の俳優・天野鎮雄さんが主役の舞台も1年延期となったが、嵐を乗り越えようやく10月22日に幕を開ける。

“アマチン”の愛称で知られる天野鎮雄さん。ラジオ番組に生出演し、演劇「ザ・テンペスト」の開幕を呼びかけた。

この作品は、ペストが蔓延する17世紀のイギリスでシェークスピアが書き上げたもの。魔法と恋と復讐のスペクタクル、ラストは寛容と許しがテーマだ。アマチンさんは、85歳で長いセリフの続く主役に挑む。

「テンペスト」とは「嵐」の意味。タイトルの通り、この舞台の道のりは平坦ではなかった。

天野鎮雄さん:
本当、この2年間、「コロナめ!」ですよ

コロナの長くて暗いトンネル。その中で、折れずにコツコツ繋いできたもの…。

演劇界は悲劇の連続だった。会場は閉鎖され稽古は密でできず、公演は軒並み中止・延期となった。

アマチンさんたちが「ザ・テンペスト」の稽古を始めたのは、2020年の4月。コロナの先行きは全くわからなかった。しかし、舞台ができると信じて進む…それしかなかった。

「悔しいと思うけど仕方がない」本公演は1年延期に

天野鎮雄さんは、35年前に妻の山田昌さん(91)とともに「劇座」を旗揚げし、若い役者の育成に力を注ぐなど、演劇一筋に生きてきた。あの名優・仲代達矢さんとの共演もあった。

稽古開始から2カ月、感染の嵐は止まず…。

天野鎮雄さん:
劇場でもパラパラパラと置いて、当座は始めるって言うけどさ…。芝居でもそうだよ、客が満員だと芝居が変わってくるけどさ

妻・山田昌さん:
(満員だと)のっちゃって、普段より良くできるってことは、そりゃあるよ

2020年6月。本公演の1年延期が決まった。

天野鎮雄さん(出演者に向けて):
悔しいと思いますけど、仕方がない…。でも、僕の年になると1年は問題ですけど、あなた方(若手出演者)にとっては、「やった!よっしゃ!」っていうくらいの1年に絶対になるはずです

天野さんは自宅に戻り、妻へ報告した。

天野鎮雄さん:
ちょっと萎えましたね、やっぱり

山田昌さん:
1年半あと?そんなもん、引き受けるねぇ

天野鎮雄さん:
いやいや、引き受けるねぇって…。引き受けてしまった後だからさ

山田昌さん:
いつでもあなたは、後から私に言う…。決めちゃってから

天野鎮雄さん:
そんなこと、いちいち相談しないといけないかね?

山田昌さん:
いかんことないけど…「そういう話が来てるけど、どう思う」って言ったら、「死んでる死んでる」って言う

奥様の毒舌が何よりの励ましという、熟成した夫婦だ。

名古屋初、舞台全体を映像が覆うプロジェクションマッピングの演劇

2021年4月。仕切り直しの日がやってきたが、コロナの嵐でヒロインなど役者が欠けた。オーディションや役の入れ替えをしながらの再起動となった。

天野鎮雄さん:
これ(稽古)が始まってからね、ベルトの穴が2つも痩せた。仰天ですよ。何にも苦労せんでも、痩せる時は痩せるんですね

この演劇には、名古屋で初めて舞台全体を映像が覆うプロジェクションマッピングが使われる。愛知工業大学の「チームAI」が、2年がかりで取り組んできた。

愛知工業大学の教授:
ハリウッドの映画でも見たことがないような映像を表現を、みんなに求めているということです

役者とのタイミング、映像の精度の調整を繰り返しながら、まもなく本番だ。

ペスト大流行時代に書かれたシェークスピア…公演延期を乗り越え開幕

そんな折、大詰めの劇団に衝撃が走った。天野さんが高熱で稽古を休んだのだ。

天野鎮雄さん:
うちへ帰って椅子に座っていたら、異常に寒くなって。熱の出方がおかしかった。39度6分くらい。だから「こりゃとうとう、引っかかっちゃったかなぁ」と。ちょっと絶望的だったですね

幸い検査結果は陰性だったが、10日間の隔離となった。舞台の表も裏も、嵐に次ぐ嵐…。ペスト大流行時代に書かれたシェークスピアをこの時代に、名古屋の演劇人がどんな舞台に作り上げるのか…。

天野鎮雄さん:
まぁびっくりしてください。きっと、びっくりしていただけると思います

座長・天野鎮雄、85歳。コロナの長く暗いトンネル。その中で、こつこつ積み上げてきたもの…。

「ザ・テンペスト」は、名古屋青少年文化センターアートピアホールで10月22日に開幕し、24日までで5公演行われる。

(東海テレビ)