札幌市のマンション価格が高騰している。中には全戸2億円超えという物件も。値上がりは新築だけではなく、中古マンションにも及んでいる。
マンションをめぐり何が起きているのか。そして、今後の値動きを探った。

札幌市の高級住宅街、中央区・宮の森地区。

この記事の画像(12枚)

進む「超高級マンション」建設

超高級マンションの建設が進んでいる。2022年7月完成予定の「プロスタイル札幌 宮の森」。斜面を利用し、階段状に住居が並ぶ斬新なデザインだ。

設計したのは、新国立競技場も手掛けた世界的な建築家の隈 研吾さんだ。11階建ての4階の部屋からの眺めは…

プロスタイル札幌 宮の森 販売担当 小川 浩平さん:
一番の特徴はテラスの広さと眺望。中心部のマンションでは、めったにないと思います

外壁には北海道産の木材があしらわれ、台所には大理石が。そして、全戸にサウナが設置されている。共用のフィットネスルームも完備。

全戸「2億円超」…最高額はさらに

1LDKから3LDKまで全20戸分譲されるが、価格は全て2億円超え。最も高いのは、3階の3LDK 176平方メートルの物件だ。その価格は…

プロスタイル札幌 宮の森 販売担当 小川 浩平さん:
3億9000万円です

7月から販売を始めたが、北海道内外から月に50件ほどの問い合わせがあるということだ。

プロスタイル札幌 宮の森 販売担当 小川 浩平さん:
昨今の建築費の高騰で、この物件も影響を受けている状態です。販売する側としては理解してもらえない場合も

札幌市の「新築マンション」高騰中

札幌市の新築マンションの値上がりが止まらない。平均価格は、2011年の2800万円あまりから4000万円前後まで上昇している。一方で、1戸当たりの面積は小さくなり続けている。

狭くなったのに価格は高騰。この背景について、札幌市の不動産事情に詳しい専門家に聞いた。

インフォメーション・システム キャビン 志田 真郷 社長:
東日本大震災の復興や東京五輪のため、資材や人が東京に集中し足りない。建設費が上がり、販売価格が上がりました

新築マンションの値上がりは、中古物件の価格にも影響を及ぼしている。

「中古マンション」にも余波が…

インフォメーション・システム キャビン 志田 真郷 社長:
2011年を100とすると、札幌市の中古マンションの価格指数は240を超えています。2.4倍以上に上がっているデータも

高くて狭い新築マンションを避け、中古物件の人気が高まっているのだ。

札幌市の中古マンションの平均販売価格は、2011年は1100万円あまりだったが、その後上がり続け、2021年8月末には2000万円を超えた。

そのため、分譲時よりも数千万円高く売れたという中古マンションも珍しくないという。
マンション価格の高騰はいつまで続くのだろうか。

「札幌市の将来性」で値上がりはまだ続く見込み

この札幌市内のマンション価格の高騰の行方について、不動産事情に詳しい志田真郷さんは、今後10年続く可能性があると言う。
その理由は、2030年の冬季五輪の札幌招致構想が持ち上がっていることに加え、北海道新幹線の札幌延伸も予定されており、経済的な将来性が保証されているためとしている。

札幌市のマンションの高騰は、しばらく続きそうだ。

(北海道文化放送)