おむつはサイズ違いも準備…子育て世代に必要な備蓄とは 「ママバッグにプラスして防災バッグに」女性防災士に聞く避難生活の注意点
常識が通用しない…いま備える防災

おむつはサイズ違いも準備…子育て世代に必要な備蓄とは 「ママバッグにプラスして防災バッグに」女性防災士に聞く避難生活の注意点

テレビ愛媛
テレビ愛媛
国内

愛媛県松山市が2021年3月に作成した「まつやま子育て防災ブック」。タイトルが示す通り、子どもがいる家庭向けの防災ハンドブックだ。子育て世代だからこそ知っておきたい防災のポイントが、この一冊に詰まっている。

もし子どもと一緒に被災したら…

松山市内で、子育て世代に「災害時に不安なこと」を聞いた。

男の子2人の母親:
いざ逃げないと行けない時に、2人連れてるとちょっと大変だなとか

この記事の画像(17枚)

赤ちゃん連れの夫婦:
よく泣くので、みんなと一緒の体育館とかだったら、ちょっと迷惑かかったりとか。そういうのが不安ですかね

2020年11月、松山市が3歳未満の子どもがいる家庭を中心に「大災害が起こったら、自分や子どもを守れると思いますか?」というアンケートを行ったところ、「不安」「少し不安」と答えた人は97.7%と、ほぼ全員だった。

松山市の子育て広場でのアンケート(回答214件)

災害が起きた時に子どもをどう守るか、多くの親が不安を抱えている。さらに、育児に忙しい子育て世代だからこその悩みもある。

赤ちゃん連れの夫婦:
いざという時に、リュックサックとかに(必要なものを)詰めておいた方がいいなと思ってます。思ってるだけで、なかなか用意はできてないですね。今の家の用事だけで精いっぱい

子育て世代が感じる災害時の不安や悩みに応えようと、松山市が作ったのが「まつやま子育て防災ブック」だ。

松山市が作成した「子育て防災ブック」

防災士・小國恵子さん:
(子育て世代は)普段、防災についてしっかり考える、じっくり考える、それに取り組む時間は、なかなか持てないと思うんです。そのために、普段の生活の中で簡単にできること、そういう取り組みを私たちで簡単にご紹介できたらと考えました

防災士の小國恵子さん

この子育て防災ブックの作成には、松山市の防災士・小國恵子さんと西原尚子さんをはじめ、松山市内の女性防災士や女性消防団員が意見を出し合い、子育て世代だからこそ準備しておきたい物や「忙しくても備えられる」防災の工夫が多く盛り込まれている。

「いつものママバッグ」を「いつかの防災バッグ」に

防災士・小國恵子さん:
ママたちは普段、バッグの中に紙おむつであるとか、おしりふき、それからお着替え、ミルクなど、多分そういうものをいつも持って歩いてるはずなんです。その中にプラスアルファすることで、お出掛けの時の災害にも対応できる防災バッグに変身します

プラスアルファしたい物の1つが、ホイッスルだ。100円ショップなどでも売られている。

防災士・西原尚子さん:
皆さん、スマートフォンをお持ちだと思うんですけれど、このくらいのホイッスルを(スマホに)付けておくと邪魔になりませんし、何か災害が起こった時には、これを吹くことで遠くまで音が聞こえます

ホイッスルの高い音は、災害時に周りの騒音に紛れにくい上、大声で助けを呼ぶよりも体力を温存できる。

遠くまで大きな音が届くホイッスル 災害時の体力温存にも

防災士・西原尚子さん:
持っておきたいのが、モバイルバッテリーですね。(災害時は)まず情報を得ることが大事ですから、スマートフォンが使えるように

情報収集や家族との連絡手段など、スマートフォンは災害時にもなくてはならないものとなっている。あわせてモバイルバッテリーもセットで持ち歩くと、いざという時に安心だ。

モバイルバッテリーで停電に備える

また、携帯トイレや液体ミルクも1つママバッグに入れておくと、災害当日をまずは乗り切るという点で安心できる。

お菓子やオムツなど、備蓄は1週間分必要

また、続くコロナ禍の中、避難所での感染も不安だ。

赤ちゃん連れの夫婦:
それは怖い、怖いですよね。乳児はマスクもできないですし。僕らはワクチン打ったら大丈夫かもしれないですけど、小さい子はまだ打てないし

子ども2人連れの夫婦:
今一番不安なのが感染症対策で、なるべく避難所に行くよりは、今の状況だったら家にいられる間は、なるべくいようかなと思います

自宅で避難生活を送る際に注意すべき点はどこなのか?

防災士・小國恵子さん:
家族の健康や命を守るために、やっぱり1週間分の備蓄は必要

この備蓄にも、子育て世代ならではのポイントがある。

防災士・西原尚子さん:
避難時は、どうしても食べるものが偏ってしまうので、野菜不足になるということが多いですよね。緑黄色野菜入りのジュースなども出ているので、こういったものを普段から飲むと備蓄につなげられます

防災士の西原尚子さん

そして、子どもとの避難で大切なのが「お菓子」だ。子どもも大きなストレスを受ける災害時、お気に入りのお菓子を食べるだけで気持ちが落ち着く場合がある。

お菓子で子どもの気持ちを落ち着かせる

さらに、1カ月といった長期避難を考えて、オムツは普段より1サイズ大きいものも追加で用意するなど、子どもの成長を見据えた備蓄をしておくことも大切だ。

防災士・西原尚子さん:
あれをしなくちゃいけない、これを買わなくちゃいけないというよりも、生活にプラス。たくさん考えるんじゃなくて、自分の生活の少し向こうにプラスにしてあげるだけで、十分防災になるかと思うんですよ

もしかしたら、このあとすぐに起きるかもしれない大きな災害。万が一に備え、防災バッグも備蓄も、普段の生活に少しプラスしてみる。子どもを守るのは、日々のパパとママの防災力だ。

「まつやま子育て防災ブック」は、松山市役所や市内の児童館などで配布しているほか、松山市のホームページにも掲載されている。

(テレビ愛媛)

愛媛県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>

常識が通用しない…いま備える防災の他の記事

大分・宮崎で震度5強 “南海トラフ地震”に関連は?発生確率「4…

大分・宮崎で震度5強 “南海トラフ地震”に関連は?発生確率「4…

国内
トンガ海底噴火で津波警報 気象庁予想より早まった津波 「長崎…

トンガ海底噴火で津波警報 気象庁予想より早まった津波 「長崎…

国内
トンガ沖噴火で見直される「防災グッズ」 簡単にお湯が沸かせる…

トンガ沖噴火で見直される「防災グッズ」 簡単にお湯が沸かせる…

暮らし
トンガ大噴火 日本は「空振」の津波か…専門家「100年以上ぶり…

トンガ大噴火 日本は「空振」の津波か…専門家「100年以上ぶり…

ワールド
巨大地震が起きたら…どこへ避難?避難所の場所は? スマホで確…

巨大地震が起きたら…どこへ避難?避難所の場所は? スマホで確…

地域
東京都 首都直下地震の被害想定を10年ぶり見直しへ キーワード…

東京都 首都直下地震の被害想定を10年ぶり見直しへ キーワード…

国内
一覧ページへ
×