この記事の画像(26枚)

菜種油や珍しい黒麹など扱う “暮らしのセレクトショップ”

愛知県津島市に天然素材を使った蚊取り線香や、野草を使ったハーブティーなどの食品、生活雑貨を扱う“暮らしのセレクトショップ”がある。

毎日の暮らしで役に立つ生活用品を販売することで生産者と消費者をつないだり、蚊取り線香の原料である除虫菊を栽培するケニアの人たちに、蚊取り線香の作り方を教えるといった社会貢献をしている。

自然食品などを製造販売する1977年創業の「りんねしゃ」。

店内には、黄金色に輝く菜種油に愛知県産の珍しい黒麹や…。

北海道産の薄荷オイル、野草を使ったハーブティーなど、全国から集めた食品や生活雑貨が並んでいる。

りんねしゃ副社長 大島幸枝さん:
生産者さんこだわりの食材、調味料をベースに毎日使っているモノ、暮らしの中に取り入れてほしいモノ、というセレクトでやっています

店内に並ぶ食品や調味料は、2代目の大島幸枝さんが全国の生産者から直接買い付けているが、りんねしゃが開発したオリジナル商品も人気だ。

りんねしゃ副社長 大島幸枝さん:
ほうろくの菜種油ですけど、いま2代目の杉崎学さんが絞って作っていらっしゃるんです

愛知県西尾市で国産の菜種を天日干しし、薪の火で焙煎した「なたねあぶらRIN」(1976円)。油に旨味があり、オリーブオイルのように調味料としても使える。

北海道産の希少な在来種の薄荷が原料の「赤丸薄荷」は、西洋のミントよりメントールの成分が多く、消臭や防虫、またミントティーとしても楽しむことができる。

天然の除虫菊を使った茶色い「蚊取り線香」は長年人気

一番人気は、30年近く続くロングセラーの除虫菊を使った茶色い蚊取り線香だ。

女性客A:
香りがすごくよかったのと、自然由来のものでいいかなと思って購入しました

男性客:
市販の蚊取り線香だと目が痛いんです。そういうのがすごくあって

除虫菊など、天然の素材だけを使用した「菊花せんこう」(30巻1034円)は、化学成分も着色料も使っていないため、色は茶色。煙は干し草を燻したような、優しい香りだ。

蚊原因のマラリアに苦しむケニアで蚊取り線香の作り方を伝授

案内してくれたのは、天然の除虫菊を栽培しているハウス。

りんねしゃ副社長 大島幸枝さん:
白花除虫菊と呼ばれるもので、蚊取り線香の原料になる花です。一番殺虫成分が多いのが、真ん中の黄色い花弁の部分、ピレトリンという殺虫成分になります

ピレトリンは虫の神経を麻痺させるが、人間の体内では素早く解毒。虫を殺すのではなく、虫を除けるだけの「除虫菊」を使った蚊取り線香は、人やペットにも安全で安心だ。

国産の除虫菊は少なく、りんねしゃは北海道に自社農場を作った。

第一次世界大戦前は、日本は世界でも有数の除虫菊の産地だったという。しかし、様々な事情で栽培されなくなった。そして今では、確実に殺虫成分がある化学薬品が主流となっている。

今では栽培の記録もなく経験者もいないため、大島さんは当時、どのように除虫菊を安定的に栽培していたのか調べているという。

現在、多くの蚊取り線香は、外国産の除虫菊が使われていて、りんねしゃでも一部をケニアからの輸入に頼っている。

しかし、ケニアでは蚊取り線香を作るノウハウがなく、蚊が原因のマラリアに年間350万人がかかり、1万人が死亡。りんねしゃでは現地の人たちに蚊取り線香の作り方を教え始めた。

りんねしゃ副社長 大島幸枝さん:
一番いいのは、除虫菊をケニアの人たちが栽培して、線香にする技術を持てば世の中の役に立つので、その線香の作り方を伝えていけたらいいな

日本とケニア、蚊取り線香が命をつなぐ。

生産者の思いを届けたい…朝市や市民農園を通し消費者とつなぐ

りんねしゃでは、毎週土曜日に朝市を開いている。廃屋になったのこぎり屋根の繊維工場の跡地に、地元の農家など25店ほどが出店。採れたての新鮮な野菜を求めて、地元の人たちがたくさん訪れる。

女性客B:
新鮮そうで、ほぼ毎週来ている。近場で楽しく、今そはんなに遠くにも行けないし

女性客C:
作っている方と一緒にお話できるので、それがすごく楽しくて

大島さんは、りんねしゃの敷地内で市民農園も運営していて、地元の農家から野菜作りを学ぶことができる。

市民農園を訪れた女性:
すごくありがたいですね。なかなか土と触れ合う機会って、子供たちにはないから

「生産者の思いを届けたい」と、大島さんは定期的に勉強会を開いて、生産者と消費者を繋いでいる。

自分たちが惚れ込んだものを販売し、購入してくれた人たちから感想や意見を聞き、それを生産者へフィードバックしている。

りんねしゃ副社長 大島幸枝さん:
循環ですね。名前も「りんねしゃ」なので、輪廻転生というか…。ぐるぐる巡っていくことは、全てにおいて責任を持つということが大事かなと

本草学をベースとした商品が充実 リゾート施設に新たな店をオープン

三重県多気町に7月オープンした、リゾート施設「VISON」。ここに、りんねしゃの新しいショップが誕生した。和草や薬草などの本草学をベースにした商品が揃っている。

店内にはロングセラーの「菊花せんこう」と、沖縄の山野草“月桃”を使ったお茶、野生のタンポポをブレンドしたハーブティー「和草茶ブレンド3種」(1300円)などが並ぶ。

カフェでは、愛知県の西尾市で作った黒麹の「黒麹のフルーツポンチ」(1100円)などのスイーツも楽しむことができる。

女性客D:
ナチュラルな感じで健康によさそうなものが揃っているから、リラックスできます

女性客E:
山の中にあるのとガラス張りですごく落ち着くし、開放感もあっていいですね

りんねしゃ副社長 大島幸枝さん:
買い物は選挙と同じくらい、何を買うか毎日の行為が社会を変えると思っている。それが、ちゃんとしたものを作っている人たちの力になるので

「毎日の買い物が“社会参加”であることを伝えたい」と話す大島さん。人にも地球にも優しいモノ…。毎日の買い物が、私たちの未来を変える。

(東海テレビ)