性的少数者・LGBTQを支援しようと、多様性を表現した装飾を施したトラックを岡山市の運送会社が走らせることになり、9月1日 お披露目された。

この記事の画像(7枚)

パレード開催にちなみトラックをアレンジ

「ひとりじゃないよ」というメッセージと、鮮やかな8つの色の曲線。お披露目されたトラック、「虹トラ岡山」。

2021年11月28日に岡山市北区で初めてLGBTQによるパレードが開催されるのにちなみ、岡田商運がトラックの荷台をアレンジした。

“全ての人”が前向きな気持に…

玉野市出身の書道家Maaya Wakasugi(マーヤ・ワカスギ)さんがデザインを手掛け、LGBTQの当事者だけでなく、さまざまな偏見に悩む全ての人に前向きな気持ちになってほしいという思いが込められている。

岡田商運・岡田好美代表取締役:
感無量。立派なものができた。トラックをどんどん走らせ、(見た人に)勇気を出してもらいたい

装飾されたトラックは全部で10台あり、9月2日から5年間、全国を走る。

(岡山放送)