活発な前線が停滞している影響で、九州では断続的に激しい雨が降っている。この雨は西日本から、今後、東日本にも広がり、長期間にわたり災害級の大雨に警戒する必要がある。

そして大雨が長引けば、土砂災害や道路の冠水、河川の氾濫などにも注意が必要だ。状況によっては冠水などに備え、いまのうちに家屋への浸水対策を考えておくことも重要だ。

そこで、災害級の大雨の可能性がある今、2020年9月に「埼玉県草加市が勧める水のう」を紹介した記事を再構成し、改めて大雨への備えとしてほしい。

「水のう」は家庭で簡単にできる浸水・逆流対策

災害級の大雨や台風がくる前にどのような備えをすればよいのか?

埼玉県草加市が、備えの一つとして活用を勧めているのが「水のう」だ。

台風や集中豪雨などの大雨の際、家の中への浸水を防ぐためには、一般的に「土のう」が使用されるが、「土のう」は女性やお年寄りが取り扱うには重くて大変。
 
この「土のう」の代わりとして、家庭にあるもので簡易的に作ることができるのが「水のう」というわけだ。

玄関前に置くことで“家の中への浸水”を防ぐだけでなく、洪水の際に懸念されるトイレや風呂場、洗濯機などの排水口からの“水の逆流”を防ぐこともできるのだという。

草加市HP
この記事の画像(8枚)
草加市HP

草加市はこの「水のう」について、HPに『水のうで我が家を守ろう! ~家庭での簡易水防~』と題した資料を2020年7月9日に公表し、活用を呼びかけている。

「家庭用ゴミ袋」と「水」だけで作れる

作り方は簡単。

用意するのは、「家庭用ゴミ袋(45リットル程度)」と「水」だけ。

家庭用ゴミ袋と水(ホース)だけ(草加市HP)

まず、ゴミ袋を2重にし、中に半分程度の水を入れる。

水を入れる(草加市HP)

そして、袋の中の空気を抜いて、口を結べば、完成。

完成(草加市HP)

水を入れるときにホースを使えば、「水のう」を設置したい場所で作成可能で、運搬が不要になるため、より便利だという。

より強固な「止水壁」も作成可能

さらに「水のう」に段ボールを組み合わせると、より強固な「止水壁」を作ることもできる。

まず、段ボールを用意し、設置したい場所に並べ、「水のう」を作る。

そして、段ボールいっぱいに「水のう」を詰め、段ボールのふたを閉めたら、「止水壁」の完成。

止水壁(草加市HP)

これを玄関前に置くことで“家の中への浸水”を防ぐことができる。

「土のう」と比べて、3つのメリットがある

草加市が「水のう」を勧める理由は、取り扱いが大変な「土のう」に比べて、明確なメリット
が3つあるから。

1つめは「持ち運びが不要」。

「土のう」の場合、消防署などに自分で取りに行く必要があり、しかも1袋約20キログラムあるため、運ぶのが大変。さらに、配布できる数に限りがある。

これに対し、「水のう」は、家にあるもので、しかも、設置したい場所で作ることが可能。さらに、必要な数を作ることができる。

2つめのメリットは「片づけが簡単」。

「土のう」の場合、返却ができないため、使用した後は自分で保管しなければならない。このため、保管場所に困ることになる。

これに対し、「水のう」は、ゴミ袋に入った水を流せば、片付け終了。片付けが簡単なのだ。

3つめのメリットは「再利用が可能」。

使ったゴミ袋は、乾かせば、本来の用途であるゴミ袋として使用できるのだ。

草加市HP

「土のう」に比べて、メリットが多いという「水のう」だが、なぜ草加市が勧めるのか?何かきっかけがあったのか?

埼玉県草加市の担当者に理由を聞いた。

草加市が「水のう」を勧める理由

――草加市が「水のう」を勧める理由は?

2019年、千葉県を中心に大きな被害をもたらした台風19号を受け、草加市でも水害への備えをしっかりやっていこうと考えました。

そして、家庭でできる備えとして、「土のう」よりも「水のう」の方がメリットが大きいと考え、そのメリットや使い方、活用法を周知してもらうため、『水のうで我が家を守ろう! ~家庭での簡易水防~』と題した資料を公表しました。


――玄関前やトイレ、風呂場、洗濯機にはどのようなタイミングで置けばよい?

「水のう」は雨が降り始める前に置くのが理想です。

事前に置くのが難しい場合は、ニュースや自治体の呼びかけを参考に、水位が上がり、浸水・逆流する恐れが生じたときに置いてください。

 

線状降水帯による記録的な大雨も予想される中、今後の雨のピークは、一番影響が長引きそうな中国・四国・九州で週末にかけて。東海・近畿は14日まで、北陸・東北も13日午後から大雨となるため、広範囲にわたって影響が出てきそうだ。日に日に雨が強まっていくと、大雨が蓄積されて災害の危険性が高まるため、警戒が必要になる。

この対策は今回の災害級の大雨だけでなく、台風でも有効となる。これまでの常識が通用しない自然災害が増えている中、このような知識を身につけ、できる備えを早めにしておくことがより重要になってくる。