松坂投手「またグラウンドで会えるように、頑張っていきたい」

平成の怪物がマウンドから降りることになった。日米のプロ野球界で活躍した松坂大輔投手が引退へ。最後の登板はナゴヤだった。

平成の怪物・松坂大輔。松坂投手がドラゴンズに電撃入団したのはプロ20年目、37歳の時。

松坂投手:
きょう晴れて中日ドラゴンズの一員になりました

この記事の画像(8枚)

スター選手の入団に、キャンプは松坂フィーバーに。

ドラゴンズ1年目のシーズンは、4月に移籍後初勝利。実に12年ぶりに日本球界で勝利した。

この年6勝をあげ、カムバック賞を受賞。「怪物復活」を印象付けた。

更なる活躍が期待されたドラゴンズ2年目。

松坂投手:
1年通して投げられさえすれば、僕はそれなりの成績がついてくると思っているので。昨年以上にチームに貢献できるように頑張ります

背番号も代名詞の18番に変更し、完全復活へ歩みを始めた矢先、キャンプでファンと接触し右肩を負傷。戦線離脱を余儀なくされた。

松坂投手:
気持ちがまだあるなら、そこがある限りは続けていきたいと思っていますね

それから5か月…不屈の精神で一軍復帰を果たすが、復帰後2戦目は1アウトしか取れず8失点。これがドラゴンズ最後の一軍マウンドとなった。

退団の際に語ったのは…

松坂投手:
またグラウンドで会えるように、頑張っていきたいと思います

(東海テレビ)