自民党の中谷元元防衛大臣は国会内で開かれた会合で「政局の安定のために、衆院選後は
小池新党と保守合同を真剣に検討すべき」と述べた。

会合の中で、中谷氏は東京都議選で自民党が伸び悩んだことについて「非常に厳しい結果だ。
新型コロナのワクチン接種や水際対策、検査体制について政権政党が、言ったことを実行できていない。こうしたことに有権者が不満を表明しているので、今一度、こういった厳しい声を真摯に受け止めて徹底的に党で総括、検討し、一致結束して行動することが必要だ」と述べた。

その上で、秋までに行われる衆議院の解散総選挙について、小池都知事が最高顧問を務める「都民ファーストの会」の動向が大きな影響を及ぼすと指摘。

仮に小池知事が新党を作り総選挙に参戦した場合は、「選挙後の政局を安定するためには小池新党と保守合同を真剣に検討すべき」として自公政権との連携を模索する考えを示した。