新型コロナウイルスの感染対策の基本「三密」対策は「密閉・密集・密接」を避けること。
愛媛・四国中央市の老舗の菓子店がこの「三密」対策にかけた、おいしいサービスを始めた。

四国中央市では言わずと知れた銘菓「柴田のモナカ」

名護谷希慧キャスター:
レトロなパッケージに包まれたこのお菓子、みなさんご存じですか?

この記事の画像(11枚)

四国中央市の街の人:
知ってますよ。すっきりした、まあまあすっきりしておいしい

四国中央市の街の人:
とうから(しばらく)食べてないなと思ったら、食べたくなるお味なんですよ。銘菓といわれるのがわかりますよね

地元・四国中央市では言わずと知れた銘菓「柴田のモナカ」。口どけのいい皮に包まれた透明感のある薄紫色のあんは、上品な甘さで後味すっきり。

四国中央市川之江町で安永元年(1772年)に創業した老舗の菓子店「柴田モナカ本舗」。
そのもなかは、江戸時代から変わらぬ味なんだそう。

名護谷キャスター:
こちらのお店で、コロナ禍だからこそ生まれた商品があると伺ったんですが

柴田モナカ本舗・柴田浩之代表取締役:
それはこちらのことだと思うんですが、ソフトクリームを始めました。あんこと共に召し上がっていただくソフトクリームなんですよ

「自慢のあんを、より多くの人に味わってもらいたい」そんな思いから2020年誕生した、新たなスイーツ。

「三密」対策にかけた「三蜜」ソース

気になるコロナとの関係とは…

柴田モナカ本舗・柴田浩之代表取締役:
トッピングソース、甘いソースなんで「蜜」であると。「三密」は回避、そのかわり「三蜜」を召し上がりに来てください

「みつ」は「みつ」でも、甘~い蜜。
3種類の蜜=三蜜のトッピングを無料で楽しめる。
ラインナップは「洋風焦がし蜜」と名付けたキャラメルソースに、甘酸っぱい「苺果実蜜」。そして、あんとの相性抜群な「黒蜜」。

上:洋風焦がし蜜 左:苺果実蜜 右:和風焦がし蜜

名護谷キャスター:
アイスが濃厚ですね、なめらかでとっても甘くて、その中であんの上品な甘さがすごく引き立ちます。黒蜜のソースいいですね。コクが出るというか、いろんな甘さが口の中に広がっておいしい

新型コロナの感染拡大に伴う外出や出張の自粛は、市民に愛される老舗の経営にも大きく影響した。

柴田モナカ本舗・柴田浩之代表取締役:
私どものお菓子ってお土産で使っていただくお菓子なので、コロナで外出自粛になってお客さんはやっぱ減ってるんですよ。苦しい中でも、ソフトクリームで人が来て助かってますって感じ

柴田モナカ本舗・柴田浩之代表取締役:
(コロナ禍で)すごく街がシーンとしてたので、何かしら面白いことはないかなということで、ちょっとした言葉遊びですけど「三蜜サービス」という形で面白がって来ていただけたらいいかなと思って

コロナ禍の地域を「三蜜」でおいしく盛り上げる和菓子屋さんのソフトクリームは、9月いっぱい楽しめるそう。

(テレビ愛媛)