宮内庁長官は定例の会見で、コロナ禍での東京オリンピックをめぐる天皇陛下の受け止めについて、「国民の間に不安の声がある中で開催が感染拡大につながるのではないかと懸念されていると拝察している」と述べた。

感染対策の徹底を求めた西村長官 記者の質問に対し…

宮内庁の西村泰彦長官は6月24日、定例の記者会見で「陛下は感染状況を大変心配されている」と説明し、「国民の間に不安の声がある中で、ご自身が名誉総裁を務められるオリンピック・パラリンピックの開催が感染拡大につながるのではないかと懸念されていると拝察します」と述べた。

この記事の画像(8枚)

その上で西村長官は、「組織委員会をはじめ関係機関が連携して感染防止に期していただきたい」と感染対策の徹底を求めた。

陛下は記者会見や式典での言葉などを通じ、感染状況を案じる思いをこれまでにも示されているが、五輪開催をめぐる陛下の受け止めについて宮内庁長官が言及するのは、初めてで異例なこと。

宮内庁長官の会見の内容は以下の通り。

記者:
東京オリンピックまであと1カ月だが、陛下の開会式出席・競技観覧は調整されているか?

西村長官:
今、関係機関と調整中でこの場で紹介できる状態ではありません。ただ、オリンピックをめぐる情勢といたしまして、陛下は、現下の新型コロナウイルスの感染状況を大変心配されておられる。国民の間に不安の声がある中で、ご自身が名誉総裁を務めになるオリンピック・パラリンピックの開催が感染拡大につながるのではないか、ご懸念されている、ご心配であると拝察をします。

記者:
確認だが、陛下が、オリンピックが感染拡大のきっかけになることを懸念されているのか?

西村長官:
それは私の拝察です。というのは、先ほど申し上げたように陛下は、現状を非常に心配されておられます。これは、この前の学士院賞授賞式のご挨拶でもにじみ出ておられたと思いますが、日々、接して私が陛下とお話ししている中で、私が肌感覚でそう感じていると受け取っていただければと思います

記者:
仮に拝察でも、長官の発言が報道されるとかなり影響があるが、このまま発信してもいいのか?

西村長官:
はい。私はそう拝察し、感染防止のための対策を関係機関において徹底してもらいたい

記者:
これは陛下のお気持ちと受け取っても間違いない?

西村長官:
それは私の受け取り方ですから。私は、陛下はそういうふうにお考えではないかと、本当にそう思っています。ただ、陛下から直接そういうお言葉を聞いたことはありません。そこは誤解のないようにお願いします

陛下は国内外のコロナ情勢を非常に心配されてきた

この宮内庁長官の異例の発言について、スタジオでフジテレビ社会部 宮内庁担当の宮崎千歳記者に聞いた。

加藤綾子キャスター:
陛下のお気持ちを拝察いたしますということなのですが、この「拝察」というのはどういった意味が込められているとお考えですか?

社会部 宮内庁担当 宮﨑千歳記者:
日々、接したりお話をしたりする中で、陛下がこう思っていらっしゃるのではないかと、自分は感じている。そのことを「拝察」という言葉で長官は説明しています。宮内庁長官は、陛下のお気持ちを代弁するという立場ではないので、陛下のお気持ちを軽々に長官が発言するということではないです。また、陛下から「こう言ってほしい」というふうに言づてとして預かってきたものではないというのは、はっきり言えると思います

社会部 宮内庁担当 宮﨑千歳記者:
一方で新型コロナの状況が始まって以来、陛下は日本国内のことだけでなく世界のさまざまなところで感染拡大が続いている状況をとても心配されているので、そうした思いというのは長官が日々、感じ取っている。そのことを紹介したということなのだと思います

加藤綾子キャスター:
「拝察」ということですが、宮内庁長官がお気持ちを代弁されるような発言をするというのは、影響があるものだと思うんですよね。これにはどういったメッセージがあるのか、気になるのですが?

社会部 宮内庁担当 宮﨑千歳記者:
そうですね。五輪の開会式まで1カ月を切ったタイミングで、一部に開催に対して不安を覚える声というのがありますね。陛下のお立場として、国民の気持ちに寄り添うという大事なお立場があるので、そうした不安な思いを持っている人たちにも陛下が寄り添う気持ちを持っていらっしゃる、というような意味合いも、もしかしたらあるのかもしれないですよね

社会部 宮内庁担当 宮﨑千歳記者:
不安の声をあげている人がいる中で一方で、開催に向けて準備が進んでいる中、とにかく感染防止策を徹底して行ってほしいというのが、今回の長官の発言のとても大事な部分なのではないかと感じます。

加藤綾子キャスター:
陛下は名誉総裁というお立場でありますが、オリンピック・パラリンピックが開催されて、祝福ということだけにとどまってしまうと、やはりお気持ちとズレがあるということなのでしょうか。しっかりと感染対策もしてほしいというようなメッセージをお持ちでいらっしゃる?

社会部 宮内庁担当 宮﨑千歳記者:
あくまでもこれは長官の発言なので。ただ、その長官の思いというのは、陛下は非常に現状を心配されているというのも様子として感じ取っているから、とにかくこの大会を通じて感染が拡大しないように、防止対策が本当に徹底して行われることを望んでいるというのが、長官としての思い…

政府の受け止めは? 学士院賞授賞式でのお言葉とは

加藤綾子キャスター:
このメッセージを政府はどう受け取るのでしょうか?

ジャーナリスト 柳澤秀夫氏:
記者会見の席で、記者の方から「これが出てしまったら影響が大きいのではないか」と確認していますよね。それでも構いませんと意思表示されているということは、陛下のお気持ちが強いということを長官は受け止めていると思うんです。そうであるとすれば、なぜこの時期に長官からこのような発言があったのか、それは一体なぜなのかということを我々はしっかりと受け止める必要があるような気がします

社会部 宮内庁担当 宮﨑千歳記者:
陛下が心配されていることも受け止めながら、感染防止を徹底していくべきではないかという、その不安に寄り添うような部分だったと思います。名誉総裁というお立場ですけれども、開催の有無云々については、陛下は関与するお立場ではないですし、それは宮内庁も同様ですので、そこは確認しておくといいかなと思います

宮内庁長官の会見を受け、加藤官房長官が会見を行った。記者から長官の会見での発言について問われると、次のように述べた。

加藤官房長官:
やりとりは承知しているが、宮内庁長官ご自身の考え方を述べられたと承知している。詳しくは宮内庁に。引き続き関係者と連携して安全安心を最優先に開催したい。

加藤勝信官房長官

ジャーナリスト 柳澤秀夫氏:
逃げているような印象ですね。あくまでも長官の個人的な受け止め方、という枠の中に収めたいという思いがにじみ出ている

加藤綾子キャスター:
「学士院賞授賞式のご挨拶でもにじみ出ておられた」と宮内庁長官が話していまたが、陛下はどういったお話をされていたのでしょうか?

社会部 宮内庁担当 宮﨑千歳記者:
これまでお誕生日の記者会見や式典でのお言葉で、一貫して心配する思いというのは言葉にされてきているんですね。陛下が主催する皇居での行事などが、感染の拡大につながってはいけないという強いお気持ちも持っていらっしゃる…

社会部 宮内庁担当 宮﨑千歳記者:
学士院賞授賞式は6月21日にありまして、そこで陛下がお言葉を述べられたのですが、「新型コロナウイルス感染症の感染拡大という大変に厳しい試練に直面しています。この試練を乗り越えるためには、国内外を問わず私たちがなお一層心を一つにして協力していくことが大切です」と。そして、これは研究者を表彰する式典でしたので、様々な分野の英知を結集して、世界全体で新型コロナウイルスを克服していけるようにという願いを言葉にされています

加藤綾子キャスター:
そういったお言葉からも「にじみ出ていた」ということなのですね

(「イット!」6月24日放送より)