東京五輪・パラリンピック開催中に、緊急事態宣言の発令レベルにまで感染拡大が進んだ場合、大会をどうするのか。その場合「無観客」にするのか。
6月20日放送のフジテレビ系「日曜報道 THE PRIME」に出演した加藤勝信官房長官に「五輪のあり方」を聞いた。

加藤氏は「五輪であろうとほかのイベントであろうと、同じように対応していただく、これが基本原則だ」と強調。

番組レギュラーコメンテーター橋下徹氏が、「民間だけを止めながら、五輪だけ特別扱いすることはないのか」と追及すると、加藤氏は「基本的に、わたしは『ない』と思う」とキッパリ答えた。

例えば、2021年2月に行われたテニスの全豪オープンは、開催地メルボルンがあるビクトリア州でロックダウン(都市封鎖)が実施されると、一時無観客になり、封鎖解除後に再び有観客に戻す運営を行っている。

加藤氏は、五輪を特別扱いせず、感染状況次第で「無観客」にする可能性に言及した。

以下、番組内での主な発言。

加藤官房長官:
オリンピックの場合、(感染拡大リスクは)大きく3つあると思います。

1、国外から入ってくる方のもたらすリスク。
2、観客が入ることによって、その人たちが街に戻って人流に与えるリスク。
3、そういうのを見ていたときに、皆さんの行動にどういう変容におよぼすか、というリスク。

大きく3つ、専門家の方もそう分けていた。

1番目はかなり抑えられる、ということが出てきた。2つ目は、どういう人数を制限するのか、ということと、その人たちが直帰して家に直接帰ってください、と。Jリーグの場合、6割くらいが直帰している、というデータもありますけど、3つ目が難しいところで、見ていて、盛り上がって、町にわーっと行くことになると、感染拡大につながるおそれがあるということが指摘されています。そこをどういう形で皆さんに理解をしていただくのか。そのためにはどういう意義があって、どういうことにして、どうやったらオリンピックは成功なのか、ということをわたしたちはしっかりと説明していくことが大事だ、と思う

橋下徹氏:
いろんな見解の中で、国民がわーっと盛り上がって移動することが、一番リスクが高いという意見が強いのですが、行政側が9国民の方に「お祭り騒ぎをするのは、やめてくださいね」と言うのであれば、会場に観客を入れるのは、やはりおかしいと思うのです。観客を入れておきながら、国民には「お祭り騒ぎをやめてくれ」って言うのは、どう考えても整合性が取れないので、今、言われたように、国民のお祭り騒ぎというのをある程度抑えていくということであれば、観客を無観客ということにして、全体として「今回のオリンピック、お祭り騒ぎは抑制しましょう」というのが、僕は国民に対して一番納得度が高まるやり方だと思う

松山俊行キャスター:
仮に、五輪開催中に緊急事態宣言の発令レベルにまで感染者数が拡大した場合、ちゅうちょなく無観客という判断するのか?

加藤官房長官:
その場合には、オリンピックだけではなく、全ての...先ほど、飲食の話もありましたけれども...対応する。当然、その対応の中にはオリンピックも含まれている

橋下徹氏:
そうしたら「オリンピックも無観客」ということもありうるというわけですね。今まで報道ではそういう話は聞こえてこなかったですから

加藤官房長官:
ですから、今週(5者協議で)決める話というのと、これから例えばお盆や夏休み時期でどうしても人流増えます。それを見極めながら、かつ、これから感染者数が増えていくんじゃないか、さらに重症化するんじゃないか、そういうことが見えれば、オリンピックとか別として必要な措置を取っていくわけです。必要な措置が取られれば、当然その措置の下で、オリンピックであろうとほかのイベントであろうと同じように対応していただく、これが基本原則です

橋下徹氏:
裏を返せば、民間の方だけを止めながら、オリンピックだけ特別扱いで進めるというのは、ないわけですね?

加藤官房長官:
基本的に、わたしは「ない」と思います。そこも含めて今週中に(5者協議で)議論されるんだろうと思います