待望のワクチン接種…会場での「密」避けて

名古屋市では高齢者への新型コロナのワクチン接種が4月14日にスタートした。21日も200人への接種が進められている。
ここまでの状況をまとめた。

名古屋市で進められているのは中区に住む80歳以上の高齢者への集団接種。市によると、20日までに約970人が接種を受けたが、アナフィラキシーショックなど重大な副反応は確認されなかった。

また、各地で行われている集団接種の訓練では、「受付の混雑」などが課題として挙げられていたが、これまでのところ大きな混乱はなく、スムーズに進んでいる。

理由について担当者は、これまで接種に訪れた多くの高齢者が「事前にかかりつけ医に相談している」ことが挙げられると話している。これまでのところ問診の結果、接種できなかった人はいないとのこと。

この記事の画像(3枚)

接種を受ける本人や家族からは「付き添いは可能か」という質問が寄せられているが、「付き添い」は可能だ。市では補助の職員も会場に待機しているが、付き添いの人も接種のブースまで同伴できる。

また、ワクチンは肩に接種するため「肩を出しやすい服装」で会場に来るよう呼びかけられている。肩を出すという動き自体が難しいという人や、会場内の移動に不安がある人へのサポートも可能で、そうした人には家族等に付き添ってもらうことを勧めている。

この1週間の接種で見つかった会場での注意点としては、「早く会場に行かない」ということ。中には予約した時間より1時間以上早く会場に来てしまう人もいたとのこと。

早く着いても予約の時間までは受付を待つことになる。遅れないように心配してという理由でも、受付周辺のスペースは限られているため、待つ人が増えれば混雑し、「密」になりかねない。

また今後、会場が小学校の体育館などになれば、屋外で待たなくてはいけない場合も起こり得ることから、これからの季節は熱中症などのリスクも高くなる。

市の担当者は予約時間の10分~15分前を目安にして、あまり早く来すぎないように呼びかけている。

(東海テレビ)