満月となった2021年2月最後の週末。この週末に見られた満月は、年に数回の珍しいものでした。

この記事の画像(10枚)

年に数回だけ…“特別な満月”が出現

これは、静岡県富士宮市で2月27日に撮影された映像です。

富士山から月がのぼってくる様子がおさめられていますが、ちょうど満月が山頂にかかる瞬間も…。

これは「パール富士」と呼ばれる現象です。

月に一回の満月が、ちょうど富士山の山頂にかかる様子をさしており、年に数回しかチャンスがない非常に珍しい現象なのです。今回は、非常に空気も澄んでいたということで、はっきりと見ることが出来ました。

雪に狼…12カ月の「満月の名前」

そして、2月の満月をさして、「スノームーン」とも呼ぶことをご存じでしょうか?雪の季節であることが関係していますが、これはアメリカの先住民の方たちが生活の中で名付けたと言われているもの。実は、12カ月全ての満月に名前が付けられているのです。

例えば、1月は狼が空腹で遠吠えする事から「ウルフムーン」。7月にはオスの鹿の角が生えてくることから「バックムーン」。そして8月はチョウザメの漁が始まる事から「スタージョンムーン」という名前がついています。

では今月、3月の満月は何と呼ばれているのでしょうか?

その答えは「ワームムーン」。虫たちが顔を出してくる季節にちなんでこの名前が付けられているそうです。

そして、11月の満月の名前は「ビーバームーン」。ビーバーがこの時期から冬を越すために巣作りをすることからこの名前が付けられているそう。各月ごとに、違う名前を持つ満月。その由来に思いを馳せながら月鑑賞を楽しむのもお勧めです。

あまダネ!では、みなさんから『季節の絶景動画や写真』のほか『不思議な現象を捉えた写真』『お天気のギモン』などを募集しています!公式ツイッターで「#あまダネ」をつけて投稿頂くか、公式HPまでお寄せください。

(とくダネ!『あまダネ!』3月1日放送)