コロナウイルスの蔓延は日本の社会に大きく影響を与えている。 東京も、そこで暮らす人々の生活も、変化を余儀なくさせられている。 

私たち報道カメラマンが撮影した映像から、2021年1月を象徴するカットを繋いでまとめた。 

年明け早々、都内感染者数が初めて2000人を超え、3日連続2000人を超えるという事態となった。 8日には二度目となる緊急事態宣言が発令され、百貨店や飲食店などでは時短営業や臨時休業を余儀なくされた。 

2021年のスタートは、人々の不安をあおる1カ月になったのではないだろうか。 しかし、私たちはこの未知なる敵と戦っていかなければならない。 

この「報道カメラマンが残すコロナ禍の記録映像」シリーズは2020年6月から続けてきているが、今後もコロナウイルスと戦いながら社会がどう変わって行くのか、カメラマンとして追い、記録していきたい。

●撮影期間:2021年1月  

●映像内容 
1/ 1 天皇皇后両陛下 初の新年ビデオメッセージ
1/ 4 大発会 
1/ 5 マグロ初競り 
1/ 7 都内感染者が過去最多2447人(後に2520人に修正)  小池都知事臨時会見 
1/ 8 二度目の緊急事態宣言発令   百貨店などが時短営業を開始 
1/11 成人式
1/16 大学入学共通テスト一日目 
1/18 河野規制改革相がワクチン接種担当相に就任
1/20 首都圏の鉄道で終電繰り上げ
1/28 首都圏で降雪 

ディスタンス空けての初詣 明治神宮
この記事の画像(4枚)
ディスタンス空けての成人式 神奈川・横浜市
大学入学共通テスト 東京大学本郷試験場

撮影:フジテレビ 撮影中継取材部 
編集:澤井圭介、秋田恵、熊手隆一、岸下怜史、楠瀬琴美