アスリートたちが前代未聞のゲームで対決。

2月21日放送の「ジャンクSPORTS」(フジテレビ系)では、「モルックSP」と題し、フィンランド発祥のスポーツで今人気上昇中のモルック・ジャンクカップを開催。

この記事の画像(15枚)

MC・浜田雅功さん率いる“チームHAMADA”、アレックス・ラミレス率いる“チームベースボール”、女子ゴルフの“チーム黄金世代”と“チームプラチナ世代”の4チームで対決。日本代表を務めるさらば青春の光・森田哲矢さんは解説として参加した。

さらば青春の光・森田哲矢さん

モルックは「モルック」と呼ばれる木の棒を下手投げし、12本の「スキットル」と呼ばれる木のピンを倒すもの。2チーム以上で対戦し、複数本倒れた場合は倒れた数が点数となり、1本しか倒れなかった場合はスキットルに書かれている数字が点数となる。

初戦は30点先取したチームが勝利に。点数がオーバーすると15点から再開となる。スキットルは倒された地点に再び立てられるため、ゲームが進むにつれてバラバラになっていき、倒すのが難しくなっていく。

自チームの点数や相手チームの点数、スキットルの位置などを考えながらゲームを進めていかなければならない。

序盤と終盤では戦略も変わる!

「ジャンクカップ」は4チームによるトーナメント形式で実施。第一試合は、“チームベースボール”と“チーム黄金世代”の対決。

“チームベースボール”のメンバーはラミレスさん、岩隈久志さん、川﨑宗則さん。“チーム黄金世代”は勝みなみ選手、河本結選手、小祝さくら選手。

ゲーム序盤はスキットルが散らばっていないため、とにかく多く倒して得点を稼ぐのがコツだという。

1球目の岩隈さんは力強い投球で11本倒す。次の勝選手は8本倒し、3球目のラミレスさんは塊から離れた1本を狙い、見事命中させる。

その後も順調にゲームが進み、“チームベースボール”が目標まで残り10点、“チーム黄金世代“は残り11点と僅差に。1発クリアを目指し、“チームベースボール”は「10」のスキットルを狙うが外れてしまう。

一方、「11」のスキットルを狙った“チーム黄金世代”は見事命中させ、逆転勝利。決勝へと進出した。

圧倒的な命中力を発揮!

第二試合は“チームHAMADA”と“チームプラチナ世代”の対決。

“チームプラチナ世代”のメンバーは、稲見萌寧選手、西村優菜選手、吉田優利選手。

そして、“チームHAMADA”のメンバーは、浜田さんの他、ライフセービング日本代表の園田俊選手、アーティスティックスイミング元日本代表の青木愛さん。

番組収録後にモルックオーディションを実施し、あらゆるスポーツのアスリートたちが初挑戦。総勢47名が参加し、その中から選ばれた2人だ。

その理由は、園田選手は12本パーフェクトで倒したり、モルックを転がしながら当てるという腕前を発揮したこと。そして青木さんは初挑戦ながらも、裸足で挑むという心意気と投げた棒を自ら拾いに行くというモルックのマナーを自然と踏まえていたこと。

1投目の園田選手はオーディションと同様、本番でも腕前を発揮し、12本パーフェクトで倒す。次の西村選手と青木選手も6本倒していく。

チームHAMADAが1投目で12本、次に6本倒し、「12」を倒せばクリアとなることに気付いたチームプラチナ世代は、「12」を1本だけ倒させないよう、阻む投球を行うという頭脳戦に。

この作戦が功を奏し、コツコツと練習を積んでいた浜田さんは「12」だけを倒すことはできず、チームHAMADAは1本ずつ点数を獲得していく作戦に変更。

そして、あと2点でクリアとなる状況で浜田さんに順番が回り、見事2本のスキットルを倒し、決勝へ進出した。

優勝したのは…?

“チームHAMADA”と“チーム黄金世代”の対決となった決勝戦は50点先取したチームが勝利となる。

初戦と同じように1球目は園田選手の12本パーフェクトから始まり、次の河本選手、青木さんとスキットルと倒し、それぞれのチームで点数を重ねていく。

ゲームが進むにつれてスキットルも散らばり始め、高得点の「12」と「10」が遠くなったが、小祝選手は1本だけ離れた「12」を宣言通り命中させ、“チームHAMADA”に迫っていく。

両者とも譲らないプレーが続く中、“チームHAMADA”にチャンスが訪れ、最後の園田選手が狙い通りの「10」を倒したことで、“チームHAMADA”が勝利した。

高い命中率を誇っていた園田選手だが、やはり最後の投球は緊張したようで、右足を前に出すか左足を前に出すか、これまでの投球で見せない姿を見せていた。そして優勝が決まっても「まだバクバクします…」とプレッシャーを感じていた様子。

優勝したチームには全員、モルックセットをプレゼント。そしてMVPの園田選手には、NISSANのKICKS e-POWERが贈呈された。

「木の棒を投げるだけ」という簡単なスポーツだが、さまざまな競技のアスリートたちがその魅力にはまり、熱狂していた。

3時間スペシャルでは、的に入れるだけというたった1つのルールで行うプレッシャーゲーム「イレロ」でアスリートと人気芸能人が対決したり、「男子ゴルフSP」として歴代選手会長の3人と注目の若手選手も登場した。

石川遼からのLINEに歓喜?“源ちゃん”こと時松隆光が選手会長になってうれしかったこと

(『ジャンクSPORTS』毎週日曜日夜7:00~8:00放送)