長崎県の対馬を舞台にしたゲームが、世界で500万本を売り上げるほどの大ヒットとなっている。県や国を超えての観光ができない今だからこそ新たな観光のタネを育てようと、対馬市で新たな試みが始まっている。

コロナ禍などで大打撃を受けた対馬の観光業

2020年12月、対馬市を訪れたのは、台湾出身のシュアンさん。インスタグラムやYouTubeなどのフォロワーは約20万人で、全国の観光地を巡ってその様子を収めた動画や写真を投稿して、PRに一役買っている。

この記事の画像(12枚)

台湾出身のインフルエンサー シュアンさん:
(対馬に来たことは?)初めてです。楽しみです。長崎自体も初めてかも

シュアンさんを事業に引き込んだ対馬市は、新規の観光客の獲得を目指している。

これまで対馬市の観光を支えていたのは、50kmほどの距離に位置する韓国だった。
韓国から対馬への観光客は、ピーク時には40万人を超え、経済波及効果は、推計で80億円とも言われている。4年前にはユネスコの「世界の記憶」に、江戸時代の外交使節「朝鮮通信使」に関する記録が登録され、観光の起爆剤としても期待が寄せられていた。

しかし、2019年7月、客足が一気に遠のいた。きっかけは、日本政府が打ち出した韓国への輸出規制を強化する方針だった。わずかひと月で島内消費額が7億円以上減ったと推測され、宿泊業や交通業は、大きな打撃を受けた。

対馬市・比田勝尚喜市長:
(観光客を対象とした事業者は)このままの事情が推移していくと「3カ月ももたない」と

対馬市 比田勝尚喜市長

このため、対馬市は韓国ありきだった観光のあり方を見直し、国内外から新たな集客策に乗り出した矢先に新たな逆風に見舞われた。

テレビ長崎・石橋亮一記者:
長崎港です。クルーズ客船が入港予定でしたが、突然キャンセルになりました。背景には新型コロナウイルスの拡大防止があります

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、国や県をまたぐ移動についても自粛が呼びかけられた。

“新たな観光の形” インフルエンサーの発信力に期待

このため、「ウィズコロナ」、「アフターコロナ」時代の観光の形を模索していた対馬市は、シュアンさんの発信力にかけた。

対馬市福岡事務所 岩佐哲也課長補佐:
金田城に登っていただきます

今回は、3日かけて市内の観光地を巡り、シュアンさんを案内するガイドと魅力を紹介していく。

台湾出身のインフルエンサー シュアンさん:
すごい! 絶景だ

観光地の魅力を紹介するシュアンさん

対馬観光物産協会 西護事務局長:
ただでさえ敵は上がってきにくいが、石垣を積むと守りが(強化される)

あわせて、後日に行うオンラインツアー用の動画も撮影した。
この日の目玉スポットは古代の山城「金田城」だ。約1300年前に大陸からの侵攻に備えて築かれた防人の城で、日露戦争時には要塞としても整備された国境の島ならではの史跡だ。

観光地で撮りためた写真は、中国語と日本語での感想を添えて投稿された。

金田城跡でPRするシュアンさん

台湾出身のインフルエンサー シュアンさん:
昔造った城とか残っているから、「ここを守ろう」という想像もできて、登りながらすごく楽しかった。登る価値がありますね。(山頂まで)2時間かかったのは、全然知らなかった。あっという間ですよね

対馬市福岡事務所 村井英哉所長:
今、国内の客を含めて新型コロナ禍の中で、なかなか来ていただけない。来てもらえない状況を、ただそのままにしておくのか。今あるインターネット通信を使って発信することで、もう一度対馬を見直して、きっかけにして来ていただこうと

新たな魅力も…世界的大ヒットゲームの“聖地”

新たな観光のタネは、意外な世界でも育っている。
世界中で500万本以上売れている、鎌倉時代の対馬で起きたモンゴル帝国の侵攻「元寇(げんこう)」をテーマにしたゲーム「Ghost of Tsushima」だ。ゲームの中で描かれる対馬の美しい景色も人気の理由の1つ。
対馬観光物産協会ではプレイヤーたちの「聖地巡礼」につなげようとゲーム内に登場する金田城や白嶽神社などを現地の写真などを交えて紹介している。

対馬を舞台にしたゲーム「Ghost of Tsushima」 ©2020 Sony Interactive Entertainment LLC.

ゲーム効果は、島のシンボルをも救った。
竜宮伝説が残る対馬市豊玉町の和多都美(わたつみ)神社だ。

“海の神の通り道”として、海中に2本の鳥居が建てられているが、2020年、台風の接近で岸から遠い方の鳥居が倒壊した。

台風で倒壊した和多都美神社の鳥居

神社は、1日も早く再建したいと、2020年11月下旬からクラウドファンディングを始めた。
すると、ゲームのファンの支えもあって、目標の5倍を超える2700万円余りの寄付が寄せられた。
「窮屈な生活を余儀なくされ、経済状況も厳しい中で大勢の方に支援頂き感謝の気持ちでいっぱい」と神社側は話している。

寄付は目標額の5倍超に

対馬市福岡事務所・村井英哉所長:
グローカルな意味合いと、県民の方々からの島への思いが芽生えたコロナ禍でもあった。ゆくゆくは世界的に発信していただくことで、各国の方が(対馬を)見る最初の入り口、きっかけになれば。いろんな方が対馬に目を向けてくださる1つの入り口になってほしい

対馬市福岡事務所・村井英哉所長

日韓関係の悪化に、新型コロナウイルスの感染拡大。島を襲う荒波を乗り越えようと、対馬市は、新たなステージへこぎ出している。

(テレビ長崎)

シュアンさんのInstagramページ