長野県内で新たに17人が新型コロナウイルスに感染したことがわかり、累計は1105人となりました。

新たな感染者は長野市3人、松本市2人、中野市2人、小諸市2人、坂城町2人、千曲市、飯田市、伊那市、塩尻市、佐久市、御代田町が1人ずつで、このところ少なかった中南信でも感染者が出ています。

浅間総合病院(佐久市)の院内感染の関連では、一時入院していた御代田町の80代男性、病院に立ち寄った小諸市の50代女性教職員、入院中の佐久市の80代男性、小諸市の30代医療従事者の4人が新たに感染したことがわかりました。病院関連の感染者は16人に増えました。

伊那市の10代男子高校生と小諸市の50代女性教職員は発症2日前に、それぞれ登校、勤務していたということで、学校での調査が進められています。

県内の感染者は累計1105人となり、119人が療養中です。