2019年10月、高畑瑠美さん(当時36)が同居していた山本美幸被告(41)らから凄惨な暴行を受け、死亡したとされる事件。

佐賀県警が一貫して「当時の対応は適切だった」と主張している。
警察の対応、姿勢が「よく似ている」と言われる“桶川事件”の被害者遺族は、この事件をどう見たのか。

質問に答えず、一貫して主張を繰り返す佐賀県警

2020年12月10日に開かれた佐賀県議会総務常任委員会。

共産党 井上祐輔県議:
(案件は)「継続」とするべきではなかったのか?どうして「解決」にチェックされた?

佐賀県警 刑事企画課長:
繰り返しになりますけど、本年10月に発表した結果は、本年7月にお伺いしたご意見を踏まえ、慎重に事実を確認した結果に基づいて発表しています。以上です

共産党 井上祐輔県議:
委員長!質問に答えてないですよ。全く話が進まないじゃないですか。質問に答えてくれないと。「遺族の方が納得をしていない」これは認識をしていますか?というふうにお尋ねしています。委員長も質問に答えさせて下さい。しっかり

佐賀県警 刑事企画課長:
ご指摘の食い違いについて、何を指すのか判然としませんが

共産党 井上祐輔県議:
よくそんな答弁ができますね。遺族が主張されている内容と食い違っているというのは県民の皆さんもご存じですよ。それを判然としない。それは県民に寄り添う姿勢がないんではないですか?遺族に一言も謝罪はないんでしょうか

佐賀県警 杉内由美子本部長:
大変重く受け止めておりまして、今後の教訓にして参ります

共産党 井上祐輔県議:
謝罪する気はないのか、あるのか、はっきりお答え頂きたい

佐賀県警 杉内由美子本部長:
被害者の女性がお亡くなりになったことは、大変重く受け止めておりまして、今後の教訓にして参ります

佐賀県議会総務常任委員会で議員の質問に答えず、これまでの主張をひたすら繰り返した佐賀県警。

佐賀県警のトップ・杉内由美子本部長
この記事の画像(15枚)

TNCの記者が佐賀県警本部長を直撃

記者:
誰もが納得できる説明をされたとお思いですか?

県警:
広報を通じてください

記者:
議会に対して不誠実な対応なんでは?

佐賀県警 杉内由美子本部長:

記者:
謝罪はされるんですか?遺族に

佐賀県警 杉内由美子本部長:

委員会終了後に佐賀県警の杉内由美子本部長を直撃したが、何も答えず。
目と鼻の先にある県警本部まで車を使い、逃げるように走り去った。

内部資料には県警の主張を覆す事実が

2019年10月、高畑瑠美さん(当時36)が同居していた山本美幸被告(41)らから凄惨な暴行を受け、死亡したとされる事件。
遺族は事件前、佐賀県警鳥栖警察署に「瑠美さんを山本被告から救い出したい」などと14回も相談していた。

しかし佐賀県警は、一貫して「一連の相談は金銭トラブル」で「対応に不備はなかった」と主張している。
ところが、テレビ西日本が独自に入手した佐賀県警の内部資料には、その主張を覆す事実が…。

相談簿(2019年7月12日):
「令和1年7月12日」
「件名:他人から洗脳されている娘を救いたい」

相談簿(2019年8月7日):
「件名:姉を取り巻く環境が心配」
「姉は最近、悪い影響を受けているようですので、姉をなんとかしてその状況から救いたいです」

遺族からの相談内容を記録した「相談簿」と呼ばれる佐賀県警の内部資料。
そこには「金銭トラブル」と一括りにするには無理がある内容が数多く記されていた。

鳥栖警察署の相談簿

元捜査員が立てる太宰府事件の仮説

刑事歴36年、あらゆる事件捜査に携わった福岡県警の元捜査員・梶原良博さんはひとつの仮説を立てた。

元福岡県 梶原良博さん:
最初に受け付けた警察官が、安易に考えて上司にも「金銭トラブルで大したことないんですよ」というふうに言ったんじゃないか。最初の方で事件が解決してしまっていると内部では完結してしまっている

梶原さんは、最初の頃の相談で「事件性はない」と判断し、責任者の決済が下りてしまったため、後で判断を変えられなかったのではと指摘した。

山本美幸被告:(脅迫の録音音声)
あなたたちのおかげで、めっちゃ借金が増えてさ、めっちゃ生活潰されているんですけど

田中政樹被告:(脅迫の録音音声)
なぁ、ナメた真似してくれたな、弁護士いれた?上等や、弁護士入れてどないなるかしてみたらいいやない。なぁ、聞いてる?黙りんこか?黙りんこか言うとんのや!

これは、瑠美さんが亡くなる1カ月前に、瑠美さんの夫・裕さんが録音した山本被告らの脅迫音声。
この決定的な証拠を持ち込み、被害届を提出しようとしたが、鳥栖警察署の対応は…。

鳥栖署での対応音声(2019年9月)

家族:
完全に脅しでしょこれ。こんな内容が延々3時間続くのですよ

A巡査:
ああ、なるほどですね。う~ん

家族:
何で被害届を受理せんと

A巡査:
そう簡単に、何でも被害届を取れるものではない

遺族:
警察は、何かあれば責任とるんですか?

しかし、この日の相談簿には。

鳥栖警察署の相談簿:
「脅迫として被害届をとるのは難しいと伝えたところ、申出人はわかりました」
「被害届等の意思:現在のところなし」
「解決」

佐賀県警は「刑事課が出払っていたので後日、来るよう説明した」と弁解しているが、相談簿にその記載すらなく、勝手に「解決」していたのだ。

元福岡県警 梶原良博さん:
「今まさに人の命が危ない状態」と僕は思う。「なすべきことをなさなかった」ということは、一番警察官として最低だったと思う

遺族「警察の存在意義あるのか」と憤り

かつて、警察の不手際で家族を失った遺族も、今回の太宰府事件について憤っていた。

桶川事件の遺族 猪野憲一さん:
おい、またかよ。まだかよ。というような。日本ってまだ変わっていないの?みたいな。非常に怖いですね

1999年10月に埼玉・桶川市で発生した「桶川ストーカー殺人事件」で長女の詩織さんを亡くした猪野憲一さん。
この桶川事件を巡っては、埼玉県警上尾警察署が猪野さんらから繰り返しストーカー被害の相談を受けながら、杜撰な対応をとった挙げ句、嘘の調書まで作成していたことが明らかになり、警察組織を揺るがす大スキャンダルに発展した。

猪野さんは“太宰府事件”が“桶川事件”と似ていると話す。

桶川事件の遺族 猪野憲一さん:
あることがない、ないことがある。勝手に作ってしまうというところに非常に似ているなと怖いなと。娘が亡くなって21年目なんですけど、警察の第一線、市民と接するようなところでまだ問題がある警察署があるというのは、非常に情けないなと

数々の矛盾を指摘されながらも「対応に不備なし」と主張し、人が1人亡くなっていながら謝罪の言葉1つも無い佐賀県警。

桶川事件の遺族 猪野憲一さん:
市民県民に理解されなくて、あなたたちは存在意義があるんですか?と。ちょっと違うんじゃないですか?と。小さなところで収まっていたら謝罪もへちまもないと思う。今後、もっとどんどん日本国中に火が蔓延するようになっていきますよ。それでも耐えられるんですか?誰のための組織なのかお判りでしょうかということを大いに問いたいですよね

(テレビ西日本)

太宰府市主婦暴行死事件(1) 被告に取り込まれ…一家をのみ込んだ脅迫・洗脳 警察も予想外の対応
太宰府市主婦暴行死事件(2) 失踪“させられていた”兄「給料を搾取され地獄の生活だった」
太宰府市主婦暴行死事件(3) 「人の皮を被った化け物」山本美幸被告 その驚愕の手口と“本性”
太宰府市主婦暴行死事件(4)ついに録音した脅迫電話…「長いから聞けない」 11回のSOSにも動かなかった警察
太宰府市主婦暴行死事件(5)「絶対に話しません」被害者の訴えを"放置”した巡査を直撃…脅迫電話の録音『文字起こし』要求か
太宰府市主婦暴行死事件(6)注目の県警会見でも呆れた対応…警察がSOSを“無視” 被害者は死亡
太宰府市主婦暴行死事件(7) 回答にあ然…佐賀県警「署の対応に不備なし」 遺族は「あきれて物が言えない」
太宰府市主婦暴行死事件(8) “模造刀で腕を刺し…”別の恐喝事件で山本被告が出廷も「全部違います」無罪主張
太宰府市主婦暴行死事件(9)「死んだ方が楽ではないか」“拉致されてボコボコ”の恐怖…被害者の夫が証言
太宰府市主婦暴行死事件(10) 佐賀県警トップ「直ちに危害及ぶと認められず」 わずか43秒のコメント…カメラも禁止
太宰府市主婦暴行死事件(11) 「大好きだから脅迫してない」脅迫電話ですごんだ山本被告 法廷では涙で無罪主張
太宰府市主婦暴行死事件(12) 佐賀県警は14回の相談にも捜査せず …県警本部長がカメラ前で初めて語ったことは?
太宰府市主婦暴行死事件(13)独自入手「県警の主張覆す」内部資料 …‟台本答弁”繰り返す県警トップを直撃